ページへ戻る

− Links

 印刷 

アルピーヌ :: EXCAR

car:アルピーヌ


アルピーヌは、フランスの自動車会社。1973年にルノーに株式を買収されルノー社の傘下となった。正式名は「ソシエテ・デ・オートモビル・アルピーヌ・ルノー」パリで設立されたアルピーヌ社だが、1969年にフランス北西部の大西洋に面した町「ディエップ」に移転、現在でも同じ場所で生産が続けられている。

1956年にフランスのレーシングドライバーで、ルノーのディーラーを経営するジャン・レデレが設立した。当初よりルノーのチューンナップおよびレースバージョンを数多く手がけ、ルノー4CVをベースにFRPボディをのせたA106を販売する。その後ドフィーヌをベースとしたA108,R8をベースとしたA110を販売、特にA110はラリーで活躍してアルピーヌの名前を不動のものとした。また、ル・マン24時間レースなどのモータースポーツで大活躍した。

1973年にレデレ家からルノーに株式を譲渡、ルノー傘下の会社として現在にいたる。正式名は「ソシエテ・デ・オートモビル・アルピーヌ・ルノー」である。 1973年当時、A110.およびA310を製造、その後A310V6、V6GT,V6ターボ、A610を生産するが、A610を最後にアルピーヌの名前を付けた車は作られていない。 アルピーヌを生産していると同時に、ルノーのスポーツ・モデル、競技車両の生産もアルピーヌ社で行われ、R5ターボ、スピダー クリオV6等もアルピーヌが生産を担当している。現在では、トゥインゴRS、クリオRS、メガーヌRSを製造している。 また、ルノー・スポールで販売される競技車両もアルピーヌ社で生産されている。それらの部品供給もアルピーヌ社が行っている。


Last-modified: 2012-06-21 (木) 15:55:58 (JST) (1888d) by seiichi