ページへ戻る

− Links

 印刷 

ダイハツ :: EXCAR

car:ダイハツ


ダイハツ工業株式会社(DAIHATSU/大发)は、日本の自動車メーカーの一つである。本社は大阪府池田市。ブランド名・社名の由来は、証券取引市場において、東京と大阪にそれぞれ存在した「発動機製造」を「トーハツ(東京)」「ダイハツ(大阪)」と略称したことから。

ダイハツは大阪高等工業学校(後の大阪帝国大学工学部)の研究者を中心に、1907年に「發動機製造株式會社」として創立された。 軽自動車を主に生産している会社で、日本で最も歴史の長い量産車メーカーである。特に軽自動車では、トップメーカーであるスズキとの激しいシェア争いを展開している。2006年はスズキが軽自動車減産(普通車増産)の戦略をとり、2007年からその方向性を明確にした事で、1973年から2006年まで34年連続トップのスズキを抜いて初めて首位に立った。

1960年代までは、オート三輪(CO型、CM型、ミゼット)でマツダとともに市場を二分していた。

オート三輪の時代はエンブレムに「大阪城」のイラストを模したものを使用していた。現在の「D」を模したマークは1960年代後半に登場し何度かの修正を経ながら現在まで使用され続けている。1998年まで車台にエンブレムが搭載される事は少なかったが、ロゴリニューアルに伴い多用されるようになった。

過去には、国鉄気動車向けにDML30HS系という高出力(定格出力500ps,瞬間最大出力590ps)な水平対向12気筒ディーゼルエンジンやV型8気筒90psディーゼルエンジンを動力源にした冷房電源発電用「4VK形」ディーゼル発電機を供給していたり、シャレードで当時世界最小排気量の乗用ディーゼルエンジンを開発したりするなど、ディーゼルエンジン技術にも長けている(中~大型船舶用ディーゼルエンジンは系列の「ダイハツディーゼル」で製造)。

現在はトヨタ自動車の連結子会社、トヨタグループ15社のうちのひとつ。


Last-modified: 2012-06-21 (木) 16:00:22 (JST) (1884d) by seiichi