ページへ戻る

− Links

 印刷 

ランチア :: EXCAR

car:ランチア


ランチア(Lancia/蓝旗亚)は、イタリア・トリノの自動車製造会社である。 1906年にヴィンチェンツォ・ランチア(Vincenzo Lancia, 1881年-1937年)によって創立された。起業家となったモータースポーツ好きのランチアは、裕福な缶詰スープ会社の家系に生まれたので、車に若い頃から接触することができた。一時はフィアットの契約ドライバーとして活躍し、レーシングドライバーとしての才能を見せたが それに飽きたらず、1906年に自ら自動車メーカーを設立し、オーナー兼技術統括責任者となった。 ランチアは、1922年には、モノコック構造のボディに、先進的なオーバーヘッドカムシャフトタイプのエンジンを搭載したランチア・ラムダの大成功によりメーカーとしての地位が安定し、ランチアの名は世界各国で知られるようになった。 1950年代までのランチア一族が経営をしていた時代のランチア車は、採算を度外視した技術偏向型の経営のために特に高品質だとされる。しかしやがてそれは経営破綻を招き、1955年に会社は倒産、創業者一族は経営から手を引き、建設やセメント業で成功していた、カルロ・ぺゼンティに経営権が移ることとなった。 ランチアは1969年にフィアットの傘下に収まり、現在に至る。現在は小型車や中型車が中心のラインナップとなっているが、いずれもフィアットにおける高級車ブランドという位置づけになっている。


Last-modified: 2012-06-21 (木) 15:47:47 (JST) (1884d) by seiichi