EXCAR

ランボルギーニ(Lamborghini) [ランボルギーニ] - EXCAR

EXCAR > Car > ランボルギーニ

ランボルギーニ(Lamborghini) [ランボルギーニ]

Car

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS

ランボルギーニ(Lamborghini/蓝宝坚尼)は、イタリアの自動車メーカー。正式名称はヌオーヴァ アウトモービリ フェルッチオ ランボルギーニ SpA(Nuova Automobili Ferruccio Lamborghini SpA, SpAはSocietà per Azioni の略で、株式会社のこと)。1999年以降、独フォルクスワーゲングループに属する。 本部はボローニャ県サンターガタ・ボロニェーゼであり、ライバル関係にあるフェラーリの拠点モデナ県・マラネロとは、直線距離にして僅か20Km程度しか離れていない。 もともと、ランボルギーニ社は農業用トラクターメーカーだった。タダ同然で手に入れた軍放出車両のモーリスエンジンと、石油を気化するイン・パボリザトーレというシステムを使って、高価なガソリンを殆ど消費せずに(始動と暖気運転のみに使う)安い石油で動く高性能なトラクターを作り巨万の財を築いた。大富豪となったフェルッチオ・ランボルギーニ氏はエキゾチックカーを買い集めるようになる。しかし、どの車も暑すぎたり、スピードが十分でなかったり、狭すぎたりしたため、氏を満足させる物ではなかった(のちにエキゾチックカーの生産に乗り出した氏は、「(汗で)助手席に座るレディのメイクアップが落ちないような快適な車を作りたい」と語ったという)。 やがてランボルギーニ氏は富の象徴、フェラーリオーナーとなるが、当時フェラーリにはクラッチに決定的欠陥があった。所有するフェラーリの度重なるクラッチの故障に頭を痛めた氏は、修理のために車をフェラーリ社に持ち込んだ際、面会したエンツォ・フェラーリに「あなたの車はゴミだ」とぶちあげた。これに対してフェラーリは「自分の作ったトラクターでも走らせていればいいじゃないか、あなたにはフェラーリは乗りこなせない」と返したという(フェルッチオ自身がフェラーリはとても紳士的な対応をしてくれたと語ったという説もあるが、推測の域を出ない。ちなみにエンツォ・フェラーリ自身の語る所によると、フェルッチオが文句をつけたのは自分ではなく、マセラティだという事である。)。このことに腹を立て、自社のトラクター工場でフェラーリを修理する事を思いついた。 クラッチを分解してみると、使われていたのは自社のトラクター用パーツと同型のボーグ&ベック製クラッチ板、しかもトラクター用の十倍の値段が付けられていた。 元々は優秀なメカニックで、自分でヘッドチューンしたフィアットでレースに出場した事もある氏は、クラッチ修理と同時にフェラーリに装着されていたダウンドラフト形ウェーバー(Weber)キャブレターをサイドドラフト型に組替え、エンジンヘッドをオリジナルのSOHCから当時どの市販のフェラーリも採用していなかったDOHCに改造した。完成した車は公道でのテスト走行中の新型フェラーリをカモに出来る程速かったという。 既存のエキゾチックカーに少なからず不満を抱いていた氏は、これがきっかけで自動車ビジネスに乗り出す決意をしたと言われる。 前述のフェラーリ社の高額なパーツ販売をみて、「この商売は儲かる」と踏んでもいた。 ランボルギーニはトラクターの他にヘリコプターも作ったが、認可が下りず結果的に、プロトタイプの2台しか現存していない。 ちなみに、イタリア・モデナにあるトニーノ・ランボルギーニ・ムゼオにフェルッチオが関わったランボルギーニ製品が展示されている。 ランボルギーニ社のエンブレムは猛牛であるが、由来については創設者のフェルッチオ・ランボルギーニの星座が牡牛座だったからという説、また、フェラーリの跳ね馬のエンブレムに対抗したという説もある。

EXCAR > Car > ランボルギーニ

EXCAR > Car > ランボルギーニ

EXCAR - ランボルギーニ(Lamborghini) [ランボルギーニ]

サイト内検索
Links
Online
11 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.