EXCAR

いすゞ・ピアッツァ [いすゞ/ピアッツァ] - EXCAR

EXCAR > Car > いすゞ > ピアッツァ

いすゞ・ピアッツァ [いすゞ/ピアッツァ]

Carいすゞ

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
いすゞ・ピアッツァ(ISUZU Piazza/五十铃・Piazza), Piazza.jpg

いすゞ・ピアッツァ(ISUZU Piazza/五十铃・Piazza)は、1981年に発売されたクーペ。1981年に絶版となった117クーペの後継モデルであり、1991年には2代目モデルに移行した。1993年、いすゞ自動車は乗用車販売から撤退、ピアッツアも消滅した。

1979年、117クーペの後継モデルを計画したいすゞ自動車は、イタリアのデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ にそのデザインを依頼した。翌1979年3月、ジウジアーロは「1980年代のボディライン」としてデザインカー「アッソ・デ・フィオーリ」(Asso di fiori、イタリア語でクラブのエース)をジュネーヴショーに出展、そのデザインカーの寸法を拡大、細部にリファインを加えて商品化されたクーペがピアッツアであった。

ショーカーが量産化される際には相当の変更を受けるのが通常であり、小変更のみでの市販化というピアッツアの試みは、世界中から驚きを持って受けとめられた。外観デザインはエッジの効いたボンネットと3ドアハッチバックの独特な形状で、ジウジアーロが提案したAssoシリーズの最終作にふさわしい完成度の高さであったのと同時に、空力が十分に考慮された先進的なものでもあった(CD値0.36)。ボンネットには、デビュー当時はフェンダーミラーが装着さてていたが[2]、1983年の道路運送車両法の改正に伴って、ドアミラーに変更された。

ピアッツァの室内は、大人4人の乗車が可能な居住性を有した。サテライト式コクピットは極めて斬新なものであり、デジタルメーター(XES,XEに標準装備)に加えて、ステアリングから手を離さずにエアコンやハザードスイッチ操作など、大抵の操作ができた。右手側にライトスイッチ等11項目、左手側にワイパーなど13項目(XE、OD付AT)の操作項目の操作部が配置されていた。装備としては、オートエアコンやマルチドライブモニター(JR130 XES,XE)、車速感応型操舵力可変パワーステアリング、パワーウィンドウ等が装備され、安全装備としての後席3点式シートベルトの採用も先進的であった。また、特異なウォッシャーノズル内蔵のワンアーム式フロントワイパーが装備されていた。

ピアッツァの駆動方式は後輪駆動。エンジンは、デビュー時のエンジンはPF ZZ用の1800ccDOHCを1949ccにスケールアップしたDOHC(G200WN)と、117クーペ用のOHC(G200ZNS)を改良したものを搭載。G200WNはエアフローメーターに世界で初めてホットワイヤを採用し、クランク角センサーはフォトダイオードを使用した無接触式(世界初)、ECUはセルフダイアグノーシス機構を有する(世界初)ものであり、117クーペに搭載されたG200WEとは見掛けの出力が同じだけで内容的には別物である。

当時はエンジンのパワー競争が行われており、ピアッツァの最高出力135PS(グロス値)トルク17kg-mでは不足とされ、1984年6月よりアスカ用エンジンをベースとした2000cc電子制御式ターボ付OHCをラインナップに追加(1.9L DOHCは受注生産に)、ターボ付モデルは出力180PS[3]、トルク23kg-mを記録した。

変速機構は、5速MTと4速AT。ATはアイシンワーナーがトヨタ以外に初めて供給した4速ATであった。サスペンションは、前輪がダブルウィッシュボーン、後輪が3リンク式コイルスプリング(handling by LOTUSは5リンク)で、前後ともスタビライザ付、ホイールアライメントは年式・グレードにより細かく異なる。シャーシは新設計のフロアパンが用いられている。ステアリングは、当初は一部のグレードがバリアブルギアレシオのマニュアルステアリングであったが、後にピアッツァ全車車速感応型パワーステアリング装備となる。ブレーキは、フロントが全車ベンチレーテッドディスク、リヤもJR120は全車ベンチレーテッドディスクである。トルクウェイトレシオ70kg/kgm、パワーウェイトレシオは8.8であった。

EXCAR > Car > いすゞ > ピアッツァ

EXCAR > Car > いすゞ > ピアッツァ

EXCAR - いすゞ・ピアッツァ [いすゞ/ピアッツァ]

サイト内検索
Links
Online
4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.