EXCAR

アストンマーチン・DB1 [アストンマーチン/DB1] - EXCAR


アストンマーチン・DB1 [アストンマーチン/DB1]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
アストンマーチン・DB1(Aston Martin DB1/阿斯顿・马丁・DB1), DB1.jpg

アストンマーチン・DB1(Aston Martin DB1/阿斯顿・马丁・DB1)は、アストンマーチンが1948年から1950年まで生産したスポーツカー。アストンマーチンが実業家・デヴィッド・ブラウンの経営となってから初の生産車であることから後年になって「DB1」と呼ばれているが、当時の正しい車名はAston Martin 2-Litre Sportsである。生産台数は15台に過ぎないが、日本にも最近になって少なくとも1台が輸入されている。

アストンマーチン・DB1の発表は、1948年のロンドン自動車ショーであった。ベースとなったのはアストンマーチンが第二次世界大戦中にClaude Hillが開発していた「アトム」と呼ばれた排気量1970ccの2ドアセダン型試作車で、鋼管チューブフレームに直列4気筒エンジンを備えていた。

1947年にトラクターなどの製造で財を成した実業家、デヴィッド・ブラウンが経営権を取得すると、このプロジェクトは実現に向かって動き始める。プロトタイプは1948年のスパ・フランコルシャン24時間レースにエントリーされ、初戦にもかかわらず優勝を遂げ、その性能と耐久性をアピールした。この車はサイクルフェンダーを持つシングルシーターのレーシングカーであったが、ブラウンの命令により同じエンジンを用いて開発された2座スポーツカーが「2-Litre Sports」として市販化された。エンジン出力は90馬力と、当時の2000ccクラスでは高性能で、ふくよかな独立式フェンダーを持つ過渡的なデザインの車体が軽量だったこともあって、最高速度は150km/hに達した。また、このモデルで初めて用いられた3分割式のフロントグリルは今日までアストンマーチン車のアイデンティティとなっている。

1950年には後継車のラゴンダ製直列6気筒エンジンと、フェンダーがボディと完全に一体化した近代的なスタイルのDB2が発表され世代交代した。



EXCAR - アストンマーチン・DB1 [アストンマーチン/DB1]

サイト内検索
Links
Online
7 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.