EXCAR

アストンマーチン・DB2 [アストンマーチン/DB2] - EXCAR


アストンマーチン・DB2 [アストンマーチン/DB2]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
アストンマーチン・DB2(Aston Martin DB2/阿斯顿・马丁・DB2), DB2.jpg

アストンマーチン・DB2(Aston Martin DB2/阿斯顿・马丁・DB2)は、アストンマーチン・ラゴンダ社が1950年5月~1959年7月まで製造したスポーツカー。プロトタイプが1949年のルマン24時間レースに出走した後、1950年4月のニューヨーク自動車ショーで市販モデルが初公開された。

実業家デヴィッド・ブラウンの経営となって最初の市販車となった2リッター・スポーツ(DB2の登場後、DB1と呼ばれるようになった)のエンジンはOHV4気筒1970ccに過ぎなかったが、後継車として開発されたDB2には、W.O.ベントレー設計でラゴンダが製造した水冷直列6気筒の鋳鉄製ブロックのVB6E型DOHCエンジンが搭載され、性能面では長足の進歩を遂げていた。2.6リッターの標準型は2基のSUキャブレターから105bhpを、1951年1月に追加された高性能版の「ヴァンテージ Vantage」仕様では圧縮比を8.16:1にアップし大径のキャブレターを装着し125bhpを発揮した。この結果動力性能は飛躍的に進歩し、イギリスの自動車誌「ザ・モーター」のテストでは標準型でも最高速度187.3km/h、0-60mph(97km/h)加速11.2秒という、今日の路上でも通用するほどの動力性能を発揮した。

シャシーはDB1と同じくClaude Hillの設計で、比較的太い角断面鋼管組みで主構造を形成し、Frank Feeleyがデザインしたボディはアルミで作られ、その上に被せられた。 このボディはフェンダーが車体に完全に融合した戦後型の2ドア・クーペとなり、DB1の過渡的なデザインとは著しい対照を示している。後部には小さなトランクリッドがあったがこれはスペアタイヤのためのもので、手荷物は室内から出し入れされた。

DB2は発売後もモータースポーツでも活躍し、1950年のルマン24時間レースでクラス優勝を遂げ、英国を代表する高性能スポーツカーの一台としてのアストンマーチンのイメージはこのDB2によって確固たるものとなった。デビューがニューヨーク自動車ショーであったことに示されているように、対米輸出もDB2から本格化した。

DB2は411台が作られ、最初の49台には独立したサイドグリルと、ボディサイドの四角い通気グリルが特徴となっていた。その後のモデルではサイドグリルは廃され、フロントグリルも一体的なデザインに改められた。また、生産台数の内102台は1950年の後半になって追加された2ドア・ドロップヘッドクーペであった。

Aston Martin DB2
アストンマーチン・DB2(Aston Martin DB2/阿斯顿・马丁・DB2), DB2_01.jpg
アストンマーチン・DB2(Aston Martin DB2/阿斯顿・马丁・DB2), DB2_02.jpg
アストンマーチン・DB2(Aston Martin DB2/阿斯顿・马丁・DB2), DB2_03.jpg
アストンマーチン・DB2(Aston Martin DB2/阿斯顿・马丁・DB2), DB2_04.jpg


EXCAR - アストンマーチン・DB2 [アストンマーチン/DB2]

サイト内検索
Links
Online
4 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.