EXCAR

ジープ・コマンダー [クライスラー/ジープ/コマンダー] - EXCAR

EXCAR > Car > クライスラー > ジープ > コマンダー

ジープ・コマンダー [クライスラー/ジープ/コマンダー]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ジープ・コマンダー(Jeep Commander), Jeep_Commander.jpg

ジープ・コマンダー(Jeep Commander)は、2006年にジープブランドで発売された、クライスラーのSUV。

ジープ・コマンダーは、2005年のニューヨーク国際オートショーで発表され、2006年に発売。3列シート7人乗りのモデルはジープブランド初となる。ジープブランド内では、グランドチェロキーより上の最上級という位置付けで、エクステリア、インテリアとも最高級仕様のフラグシップモデル。

日本では、2006年5月13日に発売され、エンジンはV型8気筒の5.7L HEMI(5AT)、4.7L(5AT)の2種類、またグレードは本革シートなどを装備した豪華仕様のリミテッドのみとなっている。

なお、コマンダー(Commander)の名称は、以前スチュードベーカーとスキャンメルによって同名の自動車が生産され、また、ノートンによって同名のバイクも製造されており、ジープ・コマンダーはこの名前がつく4種類目の車両。

ジープ・コマンダーのプラットフォームは、3代目ジープ・グランドチェロキーと同じで、ホイールベースも同一。但し全長で27mm、全幅で20mm、全高で76mmほどコマンダーの方が大きく、見た目の印象も全く違う。

コマンダーの、ひと目でジープと分かる角ばったデザインは、グランドチェロキーとは一線を画している。

ジープ・コマンダーのデザインコンセプトは、ジープ・ワゴニア(1963~1991年)に着想を得ており、そのルーツは1949年に発売されたウィリス・ステーションワゴン(7人乗り)にあるとされている。

また今回のデザインには、3代目グランドチェロキー用デザインの「初期デッサン」として既に企画に上がっていたものが、最終的にコマンダーのデザインとして採用されたというエピソードがある。

グランドチェロキーのデザインが、初代の角ばった雰囲気から徐々に丸みを帯びた欧州車風に変貌を遂げるなか、源流回帰とも言えるコマンダーのデザインは、市場に投入された時からジープファンに暖かく迎えられた。また、この角型のデザインのせいか外観は実寸よりかなり大きく見えるが、ドライビングシートから見ると、逆に車両感覚がつかみやすく、細い道や障害物の多い悪路でも運転がしやすいという特徴がある。

コマンダーのインテリアはフラッグシップに相応しく豪華仕様であるが、メカニカルな円形メーター類をダッシュボードに配置、さらにアレンヘッドボルトの飾りなどを多用し、ジープらしさの漂うデザインとなっている。

コマンダーのエンジンは、本国では、V型6気筒 3.7Lパワーテックエンジンが標準で搭載され、オプションとして、V型8気筒 4.7L パワーテックエンジンと、V型8気筒 5.7L HEMIエンジンが用意されている。 日本仕様のコマンダーは、4.7L SOHCと5.7L HEMIの2種類のV8エンジンが用意された。 4.7L SOHCは、最高出力170kW (231ps) 、最大トルク410N·m (41.8kg·m) 、5.7L HEMIは最高出力240kW (326ps) 、最大トルク500N·m (51.0kg·m) を発生するハイパワーユニットとなっている。 また5.7L HEMIは、可変シリンダーシステム (MDS) により、巡航時などの低負荷領域で、4気筒を自動的に休止させて燃費を高めるという機能があり、燃費が約20%向上している。

トランスミッションは5速AT。Dレンジでフルオートマチックとして走行しつつ、シフトレバーを軽く左右に動かすだけでシフト(1~5速)のアップダウン等、マニュアル操作が可能。オフロードでも容易にシフトコントロールができる。

ちなみにヨーロッパ市場や、チリ、南アフリカ、韓国向けの輸出仕様のコマンダーにはダイムラー製のV型6気筒 3L ブルーテックコモンレールディーゼルターボエンジンが搭載されている。

コマンダーのオフロード走破性のベースであるシャーシは、モノコックに強靭なラダーフレームを埋め込むというJeep独特のボディ構造が採用されており、Jeepのフラッグシップとして文句の無い仕上がりになっている。

フロントサスペンションは独立懸架式、リアサスペンションは5リンク式が採用されている。4WDシステムの「クォドラドライブII」は、ホイールスピンを瞬時に検出し、フルタイムトランスファー (NV245) と、電子制御式 リミテッド スリップ デフ (ELSD) によって、100%のトルクを1輪だけに伝達することも可能。 またこのサイズのSUVにもかかわらず最小回転半径が5.6mと小さく、非常に小回りが効く。

コマンダーはジープ初の3列シート、7人乗SUVで、シートは1列目、2列目、3列目になる程高くなるスタジアムシートが採用された。2列目以降は天井も高くなるが、外観では天井が高くなっていることが分らないようにデザインされている。またドライビングシート上部に「パワーガラスサンルーフ」が、2列目シート上部には「コマンドビュー・ツインガラスルーフ」と呼ばれるサンルーフが装備されている。 2列目シートはリクライニングが可能で、中央のシートにドリンクホルダー付きの肘掛が収納されている。また、2列目、3列目とも可倒式でフルフラットにすることが可能。3列目にもエアコンのコントローラー、ドリンクホルダー等が装備されている。

ただし、コマンダーをミニバンのような7人乗りとして活用するには、3列目シートのフロアが高く、小学生程度の体躯なら余裕のあるスペースと言えるが、大人が長時間座るのには不向き。

EXCAR > Car > クライスラー > ジープ > コマンダー

EXCAR > Car > クライスラー > ジープ > コマンダー

EXCAR - ジープ・コマンダー [クライスラー/ジープ/コマンダー]

サイト内検索
Links
Online
4 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.