EXCAR

ダッジ・チャレンジャー [クライスラー/ダッジ/チャレンジャー] - EXCAR

EXCAR > Car > クライスラー > ダッジ > チャレンジャー

ダッジ・チャレンジャー [クライスラー/ダッジ/チャレンジャー]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ダッジ・チャレンジャー(Dodge Challenger), Dodge_Challenger.jpg

ダッジ・チャレンジャーは、クライスラーが1970年より製造・販売。

最初のチャレンジャー、1970年モデルは、ポニーカー(1964年型フォード・マスタングに代表される手ごろな価格でコンパクトかつスポーツ走行が可能なスタイリッシュな車)市場に参入したモデルとしては後発であった。チャレンジャーはプリムス・バラクーダのE-ボディをベースとして、ホイールベースを延長し、外装の薄板ボディへの変更など、大胆な変更が成されている。ボディ・デザインは1966年型ダッジ・チャージャーをデザインしたカール・キャメロンが行った。チャレンジャーの1970年モデルのグリル・デザインは、彼がタービン・エンジンを搭載することを想定した、1966年型チャージャーのプロトタイプとしておこしたものであるが、チャレンジャーに搭載されることもなかった。しかし、チャレンジャーは大衆には大いに受け入れられ、1970年でチャレンジャーは8万台のセールスを記録した。この頃既に、ポニー・カー市場は下降傾向にあるというメディアの批評もある中、1971年以降、チャレンジャーのセールスは振るわなかったものの、生産は1974年モデルまで5年間継続され、チャレンジャーはトータル16万5千台を越えるセールスを記録した。チャレンジャーにはチャレンジャー6、チャレンジャーV8、チャレンジャーR/T(Road/Track)の3グレードがあり、その最高峰がR/Tである。1970年モデルのみT/A(ホモロゲーションモデル)が存在した。

1978年に復活したチャレンジャーは、初期型三菱・ギャランΛが全米向けに販売されたものをいい、1983年にコンクエスト(三菱・スタリオン)とダッジ・デイトナが発売されるまで販売された。第2世代チャレンジャーは4気筒エンジンの小型発動で、そのパフォーマンスも本来のチャレンジャーの名に相応しいとは言えなかったが、キビキビとした走りに定評を得た。

2006年の北米国際自動車ショーで、新しい第3世代チャレンジャーのコンセプトカーが発表された。新しいチャレンジャーはLXプラットフォームに6100ccL型ヘミ・V8エンジンを搭載したもので、そのスタイリングも1970年モデルを彷彿させるデザインが随所に見られた。クライスラー社は、このチャレンジャーのコンセプト・カーが2008年発売予定モデルとして創られたものであると公にコメントしている。

EXCAR > Car > クライスラー > ダッジ > チャレンジャー

EXCAR > Car > クライスラー > ダッジ > チャレンジャー

EXCAR - ダッジ・チャレンジャー [クライスラー/ダッジ/チャレンジャー]

サイト内検索
Links
Online
4 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.