EXCAR

ジャガー・XJ220 [ジャガー/XJ220] - EXCAR

EXCAR > Car > ジャガー > XJ220

ジャガー・XJ220 [ジャガー/XJ220]


印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ジャガー・XJ220(Jaguar XJ220/捷豹・XJ220), XJ_220.jpg

ジャガー・XJ220(Jaguar XJ220/捷豹・XJ220)の名前の由来は、目標最高時速が220マイル(時速約352km)を目標としていたことによる。 XJ220は、元々はジャガー社内のエンスー的技術者たちによる、趣味的サークルが発端。1988年のバーミンガムショーにてプロトタイプが公開された。

XJ220のボディパネルはアルミ製で、シャシーはアルミハニカムをアルミ板で挟んだパネルによるモノコック構造。フロントには可変式のスポイラーを装備。サスペンションは、ダブルウィツシュボーン式を採用し、レーシングカー並みのセッティングを施していた。 ボディスタイルは幻に終わったレーシングプロトタイプ「XJ13」をモチーフとした。しなやかで美しいスタイルである。さらに、コノリー社製高級レザーハイドのトリム、ウィルトン社製のウールカーペットなど、ジャガーらしい豪華なインテリアも健在していた。

ショーデビュー当初はまだ市販が決定していなかったが、たちまち1500台に及ぶ注文が殺到し、のちにTWR(トム・ウォーキンショー・レーシング)との連携で市販が決定した。

デビュー当初のXJ220は、6.0LV型12気筒DOHCをミドシップレイアウトで搭載したフルタイム4WDというものだった。しかし、生産化が正式に決定した後は、これでは重量があまりにも大きくなる事がわかり、やむなくグループCカーのXJR10に使用されていた3.5LV型6気筒DOHCツインターボエンジン(540PS)をMRレイアウトで搭載することとなった。 最終的にはXJ220は目標の最高時速220マイルには届かなかったものの最高時速は347kmで、当時としては世界最速だった。0-100加速も僅か3.9秒と、高いポテンシャルを持っていた。 市販モデルのXJ220は1991年の東京モーターショーで発表。価格は29万ポンドで、当初は名前にちなんで限定220台の予定だったが、世界的な好景気により注文が殺到。急遽生産台数が350台にまで引き上げられた。 しかし、前述の問題を解決するため、実際のデリバリーは1992年まで遅れてしまったが、うってかわって時は世界的不況。最終的にXJ220は281台ほどしか売れず、その高いポテンシャルにもかかわらず、マーケットでは成功を収めることが出来なかった。なお、XJ220の日本への正規輸入は無かった。

EXCAR > Car > ジャガー > XJ220

EXCAR > Car > ジャガー > XJ220

EXCAR - ジャガー・XJ220 [ジャガー/XJ220]

サイト内検索
Links
Online
12 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.