EXCAR

キャデラック・ドゥビル(デビル) [ゼネラルモーターズ/キャデラック/ドゥビル] - EXCAR


キャデラック・ドゥビル(デビル) [ゼネラルモーターズ/キャデラック/ドゥビル]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
キャデラック・ドゥビル(Cadillac De Ville), De_Ville.jpg

キャデラック・ドゥビル(Cadillac De Ville)は、キャデラックブランドで販売される、ゼネラルモーターズのフルサイズ高級セダンである。

キャデラック・ドゥビルは日本のみの名前であり、正式にはキャデラック・デビルであり、生産は1949年から始まり、サブネームなど名前を多少変更しながら生産されている。 名前に関しては、アルファベットのスペルと発音が日本語だと「悪魔」(日本では「デビルマン」という漫画の影響もある)という意味になってしまうので、これまでは「フリートウッド・エレガンス」や「コンコース」と別の名前を使用していたが、導入の際に日本だけ「ドゥビル」という名前が使用される事となった。

1999年、9代目デビル(日本名コンコース)の後継モデルとして日本に導入。プラットフォームは、GM Kプラットフォームを採用した。同じプラットフォームを使用しているセビルは日本やイギリス等の左側通行諸国でも販売できる様に右ハンドルを加えた世界戦略車に対して、ドゥビル/デビルは日本をはじめとしてアメリカやカナダ・中東といった一部の国々にしか販売されていない為に左ハンドルのみの販売となった。

生産はミシガン州のデトロイト・ハムトラミック組立工場で行われる。

エンジンはV型8気筒 4.6L ノーススターエンジンを搭載し、4速ハイドラマチックトランスミッションが組み合わせられる。トランスミッションはフロアタイプ(DTSのみ)とコラムタイプ(標準車・DHS)がある。また、駆動方式はFFとなる。

グレード構成は、標準車のほか、「DHS」及び「DTS」グレードが用意され、搭載エンジンのチューニングに関しては、標準車とDHSは出力重視に対して、DTSには出力・トルクともに向上された物を使用している。

メーカーオプションとしてナイトビジョンが乗用車として初めて採用された。価格は高額であったが導入当初は装着率が高かったものの、年を追うごとに装着率が低下し、2002年に廃止された。

日本では、1999年11月に発売された。中間グレードのDHSにナビゲーション等を備えたモデルでトランスミッションはコラムのみ導入され、エンジンのチューニングがセビルと競合する為に最上位モデルのDTSは導入されなかった。

ナイトビジョンに関しても導入当初は運輸省(現 国土交通省)の認可が遅れた為に2000年4月に投入された2000年モデルのメーカーオプション(サンルーフと本革シートのセットで約83万円)として導入された。

2005年2月9日にマイナーチェンジモデルDTSが発表された。これにより約56年も続いたデビルの名前が消滅する事となった。

・キャデラックのユーザーは、「(キャデラックの霊柩車で)墓場まで乗っていく車」と揶揄されるほど高齢化が深刻であった。そのため、中途半端にユーザーの若返りを目指したために、デザインの迷走振りが否定できない。カリスマデザイナーといわれたデザイン担当副社長チャック・ジョーダンから、後任のウェイン・チェリー体制が定着した時期とも重なり、社内のデザイナーの質的低下の現れでもあることはいうまでもない。 マイナーチェンジモデルでもあるDTS以降はデザインが洗練されているのは、1998年に就任した元クライスラーのボブ・ラッツが副会長の手腕によるものである。



EXCAR - キャデラック・ドゥビル(デビル) [ゼネラルモーターズ/キャデラック/ドゥビル]

サイト内検索
Links
Online
9 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.