EXCAR

キャデラック・DTS [ゼネラルモーターズ/キャデラック/DTS] - EXCAR


キャデラック・DTS [ゼネラルモーターズ/キャデラック/DTS]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
キャデラック・DTS(Cadillac DTS), DTS.jpg

キャデラック・DTS(Cadillac DTS)は、キャデラックブランドで販売される、ゼネラルモーターズのフルサイズ高級セダン。車名のDTSはドゥビル・ツーリング・セダン (DeVille編集 Touring Sedan) の略。

2005年1月20日、ジョージ・W・ブッシュの2期目の大統領就任式において、専用車両を初公開。

2005年2月9日、シカゴオートショーにおいて生産モデルを発表。プラットフォームは、GM Kプラットフォームを採用した。

その後、2006年モデルとしてGMのフラッグシップモデル、ドゥビルDTS(DHSは廃止)のマイナーチェンジ車として発売。生産はミシガン州のデトロイト・ハムトラミック組立工場で行われる。

エンジンはV型8気筒 4.6L ノーススターエンジンを搭載し、4速ハイドラマチックトランスミッションが組み合わせられる。トランスミッションはフロアタイプ以外にオプションとしてコラムタイプも選択が出来たが、コラムタイプにおいては2009年に廃止された。また、駆動方式はFFとなる。

グレード構成は、標準車のほか、「ラグジュアリー」及び「パフォーマンス」・「プラチナム」グレードが用意され、搭載エンジンのチューニングに関しては、標準車とラグジュアリーは出力重視に対して、パフォーマンスには出力・トルクともに向上された物を使用している。またプラチナムでは、標準車もしくはパフォーマンスいずれかの物の選択が可能である。

日本では、2006年6月17日に発売された。標準車をベースにナビゲーション等を備えたグレードでトランスミッションはコラムからフロアに変更された。2008年1月18日に最上位グレードのプラチナム(エンジンはパフォーマンスグレードよりもやや向上された物を使用)に変更されたものの、2009年2月7日に発売された2009年モデルを最後に販売終了される事が決定された。これら日本だけでなく、アメリカやカナダ・中近東(北米地域では2010年以降に登場する予定のSTSとの統合モデルが発売されるまで販売は継続される)でも販売が終了される事に伴う処置である。

これにより、デビル・セビル・エルドラド以降から続けられてきたキャデラックのFFモデルが姿を消す事となった。



EXCAR - キャデラック・DTS [ゼネラルモーターズ/キャデラック/DTS]

サイト内検索
Links
Online
7 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.