EXCAR

トヨタ・オリジン [トヨタ/オリジン] - EXCAR

EXCAR > Car > トヨタ > オリジン

トヨタ・オリジン [トヨタ/オリジン]

Carトヨタ

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
トヨタ・オリジン(TOYOTA Origin/丰田・Origin), Origin.jpg

トヨタ・オリジン(TOYOTA Origin)は、2000年11月にトヨタ自動車生産累計1億台達成の記念車として1000台限定で発売したもの。実際には1027台とも1071台とも言われ正確な販売台数は不明。車両型式は「JCG17」で、CG10型・プログレの一員であることを現している。

オリジンはプログレをベースにし、外観を初代クラウンRS型のイメージに近づけ、ドアも「観音開き」としたモデルである。プログレとシャーシを共有するアルテッツァやブレビスとも姉妹車である。

車名のオリジンは英語で「起源」の意。

オリジンは、初代クラウンをモチーフしている。基本性能はベースとなったプログレと同じで、センチュリーの生産ラインから厳選された熟練スタッフが製造を担当した。プログレと違い外装全体に曲面が多く、センチュリーと同様の手間がかけられた。設定色はライトグレイッシュブルーマイカメタリックモリブデン、ブラック、ブルーマイカの3色。 オリジンに搭載されるエンジンは直列6気筒3000ccDOHCのVVT-i搭載2JZ-GEに4速ATが組み合わされている。 ボディーはプログレよりプラス全長60mm、全幅45mm、全高20mmと一回り大きく、モチーフになったクラウンRSの特徴である観音開きのドアやボリューム感豊かなボンネット、グリル等も再現されている。しかしその外見に反し、レーダークルーズコントロール、VSC等の最新技術に基づいた装備が多数施されている。オリジンも「クラシック」と同様に外装は手作業により制作され、新造部品がほとんどだが、内装に至っては基本的にプログレのままで新造部品は少ない。しかし、素材と工作精度にはこだわり、本革シートは縫い目のピッチまで変更し、本木目等も専用に高級材質も厳選して使用した。メーターは専用の配色に変更され、プログレと同様に、オプティトロン(自発光式)メーターとなっている。 手作業による部分が非常に多いので、プログレの姉妹車というより5ナンバーベースのセンチュリーといった位置づけとも言える。しかし、クルマとしての基本である動力性能をはじめ、基本装備等はプログレウォールナットパッケージと同一である。

東京地区車両本体価格は700万円と、同時期のUCF20後期セルシオのC仕様Fパッケージの670万円よりも高価であった。

EXCAR > Car > トヨタ > オリジン

EXCAR > Car > トヨタ > オリジン

EXCAR - トヨタ・オリジン [トヨタ/オリジン]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.