EXCAR

トヨタ・クラウン [トヨタ/クラウン] - EXCAR

EXCAR > Car > トヨタ > クラウン

トヨタ・クラウン [トヨタ/クラウン]

Carトヨタ

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
トヨタ・クラウン(TOYOTA Crown/丰田・Crown), Crown.jpg
  • トヨタ・クラウン (S200型) (2008~)
  • トヨタ・クラウン (S180型) (2003~2008年)
  • トヨタ・クラウン (S170型) (1999~2003年)
  • トヨタ・クラウン (S150型) (1995~2001年)
  • トヨタ・クラウン (S140型) (1991~1995年)
  • トヨタ・クラウン (S130型) (1987~1999年)
  • トヨタ・クラウン (S120型) (1983~1987年)
  • トヨタ・クラウン (S110型) (1979~1983年)
  • トヨタ・クラウン (S80型) (1974~1979年)
  • トヨタ・クラウン (S60型) (1971~1974年)
  • トヨタ・クラウン (S50型) (1967~1971年)
  • トヨタ・クラウン (S40型) (1962~1967年)
  • トヨタ・クラウン (S30型) (1955~1962年)

トヨタ・クラウン(TOYOTA Crown/丰田・Crown)は、1955年より製造・販売。日本を代表する車種の一つ。

車名のクラウンは「王冠」の意味であり、初代から現行型までフロントグリルのエンブレムにも使用されている。

クラウンはトヨタ自動車を代表する車種の一つであり、日本国内市場に重点を置いた車両である。その長い歴史を通じ、官公庁等の公用車や多くの企業の社用車として用いられてきた。

トヨタの量販車の中でも最上級モデルの地位を長く担い、「いつかはクラウン」のキャッチコピーに象徴されるように、一般に高級車として認知されている。信頼性や耐久性の高さから、タクシー・ハイヤー、教習車(発売された1955年から道路交通取締法が施行されていた1960年12月19日までは小型自動四輪車免許の教習車、1960年12月20日の道路交通法施行以後は普通自動車免許の教習車)、パトロールカーといった業務用車両や特殊車両として使われることも多かった。

クラウンの車体形状は現在4ドアセダンのみだが、以前は2&4ドアハードトップ、ステーションワゴン、ライトバン、ピックアップも存在した。かつては、ボディスタイルを優先してドアの枠を省略した4ドアピラードハードトップが主流であったが、S170系からハードトップと同様の外観を持つサッシュ付のセダンとなる。

同クラスの輸入車には、メルセデス・ベンツ Eクラス、BMW・5シリーズ、アウディ・A6がある。

これとは別に近年では、X80系マークIIをベースに車体を5ナンバーサイズ及び中型タクシーの枠内に納め、耐久性やランニングコストを重視したクラウンコンフォート、装備及び内外装を充実化したクラウンセダンというモデルが設定されている。前者はタクシーなどの営業車専用モデル、後者は主に公用車や個人タクシー向けである。何れも、クラウンの主流モデルが大型化・高級化したことによる下位カテゴリーの車種空白を埋めるため、「クラウン」のネームバリューを利用して開発された、実質は別系統の車種である。

EXCAR > Car > トヨタ > クラウン

EXCAR > Car > トヨタ > クラウン

EXCAR - トヨタ・クラウン [トヨタ/クラウン]

サイト内検索
Links
Online
7 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.