EXCAR

トヨタ・センチュリーロイヤル [トヨタ/センチュリーロイヤル] - EXCAR

EXCAR > Car > トヨタ > センチュリーロイヤル

トヨタ・センチュリーロイヤル [トヨタ/センチュリーロイヤル]

Carトヨタ

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
トヨタ・センチュリーロイヤル(TOYOTA Century Royal/丰田・Century Royal), Century_Royal.jpg

トヨタ・センチュリーロイヤル(TOYOTA Century Royal/丰田・Century Royal)は、2006年よりトヨタ自動車が御料車専用車種として宮内庁向けに製作した大型高級乗用車。

1967年以来、御料車として使用されてきた「日産・プリンスロイヤル」が老朽化のため更新されることとなったが、同車を納入した日産自動車は現行車台をはじめ、御料車に要求される生産要素をめぐる判断から次代の車両納入を辞退した。その後、トヨタ自動車が新規車種の納入を提案したことを受け、2005年8月、同社の貴賓・要人向け大型高級車「センチュリー」をベースとした特別生産車「センチュリーロイヤル」の採用が決定。2006年7月7日以降、宮内庁に順次納入され、9月28日の臨時国会開会式臨席の際から使用された(元は8月15日の全国戦没者追悼式から使用される予定であった)。 全長6.155メートル、幅2.05メートル、高さ1.78メートル、車両重量2.92トン、8人乗りのリムジン。

同車の特別仕様として、側扉は天皇・皇族方の乗降や案内に資する観音開きを採用し、式典時における沿道からの注目に、後席の天皇・皇族方の姿がより明瞭に開かれるよう、後扉窓・扉後方窓の窓枠を一体的に拡大している。内装には、天井に和紙、後部座席に毛織物、乗降ステップに御影石、その他に天然木などの自然素材が使われている。なお、前席は革張り、後部座席は毛織物とされているが、これは最高クラスのリムジンとしての様式に則った措置であり、日産・プリンスロイヤルも同様である。

宮内庁は当初プリンスロイヤルの台数と同じ5両の購入を予定していたが、国の財政状況を考慮し、1両減の4両(うち寝台車1両)となった。

価格は、天皇・皇后が乗車する標準車(ナンバー皇1)で1両5,250万円(税込)。 防弾性能等が強化された国賓接遇用の特装車(ナンバー皇3、皇5)で1両9,450万円(税込)。ただし、皇4は欠番。

一部の大企業や富裕層から、特注車としてのセンチュリーロイヤルを一般向販売を希望する声もあるが、トヨタ自動車ではセンチュリーロイヤルを「プリンスロイヤル」と同じく御料車専用車種と位置付け、一般への販売は一切行わない方針である。

EXCAR > Car > トヨタ > センチュリーロイヤル

EXCAR > Car > トヨタ > センチュリーロイヤル

EXCAR - トヨタ・センチュリーロイヤル [トヨタ/センチュリーロイヤル]

サイト内検索
Links
Online
7 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.