EXCAR

トヨタ・1600GT [トヨタ/1600GT] - EXCAR

EXCAR > Car > トヨタ > 1600GT

トヨタ・1600GT [トヨタ/1600GT]

Carトヨタ

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
トヨタ・1600GT(TOYOTA 1600GT/丰田・1600GT), 1600GT.jpg

トヨタ・1600GT(TOYOTA 1600GT/丰田・1600GT)1967年8月発売開始。同年5月に登場したトヨタ2000GTの弟分というイメージ上の位置付けだった。型式名はRT55。その成り立ちからコロG(コロナGT)とも呼び慣わされたが、正式名称ではない。1600GTのボディは、3代目コロナ2ドアハードトップ(コロナ1600S)の物を補強して流用したが、サスペンションやブレーキも強化された。

フロントフェンダーにエアアウトレットを追加、フロントグリルとリアクォーターピラーにはトヨタ2000GTに似た逆三角形の七宝焼きエンブレムが付けられ、スタイル上のアクセントとなっていた。塗色も、コロナには見られなかった鮮やかな黄色をテーマカラーとしていた。

1600GTのエンジンは、コロナ1600S用のOHVツインキャブ『4R』型のシリンダーブロックに、ヤマハ発動機がアルミニウム合金製DOHC(1気筒当たり2バルブ)ヘッドを換装した『9R』型(JISグロス値最高出力115馬力)を搭載し、4速MT車の『GT4』(96万円)と、5速の『GT5』(100万円)が併売された。尚、フロントシートと『GT5』のミッションはトヨタ2000GTの物を流用し、ステアリングホイールは同一デザインのままプラスチック化されている。

しかし延べ13ヶ月、2222台をもって生産が中止され、マークIIの高性能仕様『1900GSS』に(系譜上)取って代わられた。

国内レースでは、プロトタイプがトヨタ・RTXの名で1966年3月の第4回クラブマンレース(日本グランプリの前座試合)に初参戦しデビューウィン。優れた空力特性とバランスの良い操縦性、軽量、150馬力以上の高出力、タフネスを利して、その後も同じクラスのベレットGTやブルーバードSSSのみならず、フェアレディ2000など大排気量車にも伍して勝利を重ね、1968年の第5回日本グランプリでは、王者であったスカイライン・2000GTBを打ち破るなど、約3年間ツーリングカーレースを席捲した。

翌1969年に開催されたJAFグランプリでは、初参戦のスカイライン・2000GTRをスタートからリードしたまま振り切って1着入線したが、必勝を期し事前に大宣伝を打っていた日産側の執拗な抗議で、ドライバーの高橋晴邦が走路妨害したという不可解な判定が下され、1周減算の3位降着となってしまう。ここで特筆すべき点は、この時トヨタ1600GTは既に生産中止された小排気量の旧型車であり、対するスカイライン・2000GT-Rは大排気量で発売されたばかりの最新鋭車だったという事で、圧倒的に不利な状況下にも関わらず健闘したトヨタ1600GTの声価は逆に高まったが、このレース以降ワークスとしての出場は無くなった。

EXCAR > Car > トヨタ > 1600GT

EXCAR > Car > トヨタ > 1600GT

EXCAR - トヨタ・1600GT [トヨタ/1600GT]

サイト内検索
Links
Online
5 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.