EXCAR

フィアット・バルケッタ [フィアット/バルケッタ] - EXCAR

EXCAR > Car > フィアット > バルケッタ

フィアット・バルケッタ [フィアット/バルケッタ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フィアット・バルケッタ(Fiat Barchetta/菲亚特・Barchetta), Barchetta.jpg

フィアット・バルケッタ(Fiat Barchetta/菲亚特・Barchetta)は、X1/9以来、久々の小型スポーツカーとして1995年に発売された。プラットフォームはフィアット・プントのものをベースとした横置きエンジンの前輪駆動車だが、オープン化に伴い大幅な強化が行われている。ホイールベースはスポーティーなハンドリングを得るため、プントよりも短縮されている。トランスミッションは5速MTのみ。日本やイギリスに輸出されたものも含め、全車左ハンドルで、右ハンドル車は生産されてない。

デザインは内外装ともフィアット社内によるもので、かつてのフィアット・850スパイダーを想起させるレトロな外観が特徴であるが、フィアットによると細部のデザインは古いフェラーリやジャガーからヒントを得た部分もあるという。デザインを統括したのは後にアルファ・ロメオや富士重工業で活躍したギリシャ人デザイナーの、アンドレア・ザパティナスである。

生産は、ランチア・デルタHFインテグラーレの生産を担当していた、カロッツェリア・マッジョーラに委託された。

エンジンは専用開発の、可変バルブタイミング機構付1747cc、最高出力130馬力・6300rpm(96kW)、最高トルク16.7kgm・4600rpm(164Nm)のDOHCエンジンを搭載する。このクラスの自然吸気エンジンとしてはごく平均的な数値であるが、車重が1090kgと軽めであるため加速が良く、モータースポーツにおいては、より排気量の大きなエンジンを積むアルファ・ロメオ145、147や155、156とも対等に渡り合う姿が見られる。

初代バルケッタは、1995年(日本では1996年)から2002年まで生産・販売されていた。その後、2004年にニューバルケッタが発表されるまで市場から姿を消していた。

バルケッタの後継として2004年7月(日本の場合)に発表されたのがフィアット・ニューバルケッタである。

基本的には初代のマイナーチェンジモデルであり、シャシやエンジンにも大きな変更はないが、ホイール・タイヤのサイズが15インチから16インチに拡大され(195/55/R15 → 195/45/R16)、初代ではオプションだったアルミホイールが標準装備となった。 外装は当時流行していたシングルフレームグリルを採用し、フロントバンパー、リアバンパーのデザインなどが変更された。 これにより、初代のモデルよりも上質さを感じさせるデザインとなったが、車両重量も20kg増加している。

初代のバルケッタとは異なり、生産はフィアット社内で行われていた。

EXCAR > Car > フィアット > バルケッタ

EXCAR > Car > フィアット > バルケッタ

EXCAR - フィアット・バルケッタ [フィアット/バルケッタ]

サイト内検索
Links
Online
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.