EXCAR

フェラーリ・テスタロッサ [フェラーリ/テスタロッサ] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > テスタロッサ

フェラーリ・テスタロッサ [フェラーリ/テスタロッサ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フェラーリ・テスタロッサ(Ferrari Testarossa/法拉利・Testarossa), Testarossa.jpg

フェラーリ・テスタロッサ(Ferrari Testarossa/法拉利・Testarossa)は、1984年10月のパリ・サロンで発表され、それまでの512BBiからフラッグ・シップの座を引き継いだ。後継車種は512TR。250 TR、500 TRと区別するため、新テスタロッサとも呼ばれる。名前の意味は「赤い頭」。

エンジンはバンク角180°のV12で、(クランクシャフト及びコンロッドの配置の違いにより水平対向ではない)排気量は4942ccと512BBiと同じではあるが、いわゆるクアトロバルボーレの名で知られる、バルブを各シリンダ4個ずつ、計48個とした事により高回転域でのパワーと伸びが向上し、390psの出力と最高速度290 km/hを得た。また、カムカバー(シリンダーヘッドカバー)が赤く塗られており、これが車名の由来ともなっている。一応ミッドシップという扱いではあるが、日常の使用も考えた結果、エンジンは相当後ろよりに搭載されることとなり、後方の4気筒は後車軸よりさらに後ろにオーバーハングする格好となっていて、ほとんどRR車といった重量配分を持つに至る。はじめに12気筒の縦置きミッドシップのレイアウトありきで、その上に居住性の両立をも狙ったパッケージングは、車重の増加とエンジン搭載位置に起因する重心の上昇を招いたため、スポーツカーと呼ぶには少々苦しく、GTカー的な要素の強い仕上がりとなっている。 欧州モデルは390PSに対し、日本国内モデルとUS(カナダ)モデルは380馬力となり、-10馬力のリスクを持つが1速および2速のギヤ比を落とし、クロスミッションとする事によりアドバンテージを稼いでいる。 初期型1984-1985年は助手席ミラーのみをフロントピラー中央に配置する。中期型(1986-1988年)は、ミラー位置が運転席と同様、フロントピラーの下部に配置される。後期型(1989-1991年)になると、センターロック方式が廃止され、一般的なナットでホイールが留められる様になった。同時にフロント足回りの材質、アライメントも変更された。

EXCAR > Car > フェラーリ > テスタロッサ

EXCAR > Car > フェラーリ > テスタロッサ

EXCAR - フェラーリ・テスタロッサ [フェラーリ/テスタロッサ]

サイト内検索
Links
Online
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.