EXCAR

ディーノ・206GT [フェラーリ/ディーノ・206GT] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > ディーノ・206GT

ディーノ・206GT [フェラーリ/ディーノ・206GT]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ディーノ・206GT(DINO 206GT), Dino_206GT.jpg

ディーノ・206GT(DINO 206GT)は、1967年にデビュー。 小柄なボディーは総アルミ製で、スカリエッティで1台1台が手作りされていた。

ディーノ206GTのエンジンは排気量1986.6ccのV6DOHCで、ヘッド/ブロックはコンペティションマシーンのSPと同じアルミ合金製だった。3基のウェーバー40DCNと、9.3:1の圧縮比から得られるパワーは180HP/7400r.p.mと発表された。このエンジンの生産を担当したのは、関係が深まりつつあったフィアットで、チューニングを低めたV6をフロントに搭載したFRモデルも、フィアットブランドから発売された。

エンツォは「12気筒以外のストラダーレはフェラーリと呼ばない」と発言。実際、発売に移された206GTには、フェラーリの名も、跳ね馬のエンブレムも与えられておらず、ディーノがブランド名となり、ディーノ206GTとして発売された。 フェラーリの名を持たないフェラーリに、興味本位の憶測や噂が乱れ飛んだが、ディーノ206GTの小粒だがグラマスなスタイルや、素晴らしいハンドリングが確認されるにつれ、ディーノ206GTが名前こそ違うが、紛れのないフェラーリであることを皆が認めることになる。

EXCAR > Car > フェラーリ > ディーノ・206GT

EXCAR > Car > フェラーリ > ディーノ・206GT

EXCAR - ディーノ・206GT [フェラーリ/ディーノ・206GT]

サイト内検索
Links
Online
9 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.