EXCAR

フェラーリ・275GTB [フェラーリ/275GTB] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > 275GTB

フェラーリ・275GTB [フェラーリ/275GTB]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フェラーリ・275GTB(Ferrari 275GTB/法拉利・275GTB), 275_GTB.jpg

フェラーリ・275GTB(Ferrari 275GTB/法拉利・275GTB)は、1964年のパリサロンで発表された。 これまでのベルリネッタは、コンペティション・モデルを基にロードバージョンが考えられてきたが、275GTBは当初から豪華なクランツーリスモとして登場した。だが、その275GTBの豪華さの下にはエポックメイキングなメカニズムが数多く存在していた。

275GTBに搭載されるV12はSOHCで、3285.7ccの排気量から280HP/7600r.p.mのパワーを得るティーポ213と呼ばれるユニットである。2400mmのホイールベース、楕円鋼管によるプラットフォームベースに、サブフレームを組み上げたスペースフレームのシャーシは従来と同じであったが、サスペンションはロードカーとして初めて、前後にダブルウィッシュボーンが与えられ4輪独立となった。 また、ギアボックスはエンジンと切り離され、リアセクションにデフと一体で配置する、トランスアクスル方式を採用しており、ダンロップの4ポットキャリパーを備える4輪ディスクブレーキには、サーボアシストが備わった。さらにホイールは、ロードカーとして初めてワイヤではなく、カンパニョーロのアロイディッシュが与えられていた。 ピニンファリーナのデザインによる275GTBのボディーは、エンジンフード、ドア、トランクリッドなどの開口部がアルミで、それ以外がスチールで作られる点は250GT SWと同様で、オールアルミのボディーを持ち、キャブレターを3基から6基に変更するなどしたコンペティション仕様が存在する点も同じである。 275GTBのレースデビューは1965年のニュルブルクリンクで、プラクティスで驚異的なタイムを記録、その活躍が期待された。そしてこの年のル・マンでは、コブラを打ち破り、クラス優勝を遂げたのである。 275GTBは登場から2年後の1966年、さらに革新的な変化を遂げ、275GTB/4へと進化した。 275GTB/4の最大の変更点は、ロードカーとしては初めてのDOHCユニットが搭載されたことで、車名に追加された4は、4カムシャフトを意味している。ティーポ226と呼ばれるこのユニットは、300HP/8000r.p.mを発揮した。

EXCAR > Car > フェラーリ > 275GTB

EXCAR > Car > フェラーリ > 275GTB

EXCAR - フェラーリ・275GTB [フェラーリ/275GTB]

サイト内検索
Links
Online
10 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.