EXCAR

フェラーリ・288GTO [フェラーリ/288GTO] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > 288GTO

フェラーリ・288GTO [フェラーリ/288GTO]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フェラーリ・288GTO(Ferrari 288 GTO/法拉利・288 GTO), 288_GTO.jpg

フェラーリ・288GTO(Ferrari 288 GTO/法拉利・288 GTO)は、1984年、ジュネーブ・ショーで発表。 308GTBをベースとしながらも、エンジン搭載方式が縦置きになるなど中身に大改造を受けたこのモンスター・マシンは、競技参加を前提として、当時の競技車両規定「グループB」のホモロゲーションに沿って製作されていた。総生産台数は272台。

ボディデザインは308GTBと同様、ピニンファリーナが担当した美しいもの。308GTBに意図的に似せてはいるが、外装・内装共にほとんどのパーツが専用設計されており、308との互換性は非常に少なかった。車両の軽量化のために、一部外板パーツにカーボン樹脂製のものが使われていた。

前後のフェンダーは大きく張り出され、特にリアフェンダーは往年のチャンピオンマシンである250GTOを髣髴させるダックテール形状と縦型ルーバー(これはGTOシリーズ共通のデザインモチーフである)が3本入った特徴的な造型のものが採用されていた。

フロントは丸型2灯式のリトラクタブルヘッドランプのほか、下部に角型4灯式のヘッドランプとグリルを装着していたのが特徴である。

パワーユニットは308GTBのエンジンをボアダウンした2855ccのV8DOHCにIHI社製のターボをツイン装着し、インタークーラーをダブルで装着したもの。これをウェーバー(マネッティマレリ)社のインジェクションシステムでマネジメントし、最大出力400ps/7,000rpm、最大トルク50.6kgm/3,800rpmを発生するに至った。

車名の「288」は、この排気量約2800cc・8気筒エンジンを搭載しているところに由来する。

ボディは鋼管によるスペース・フレーム構造を採用。ホイールベースが11cm延長されており、308GTBと比較してより長く、よりワイドにすることで、強大なパワーに対応していた。

なお、日本への正規輸入車は1台のみである。

「288GTO」は競技用車両として生まれながら、残念ながらラリーおよびレースに参戦することはなかった。のちに「288GTO Evoluzione」が製作され、各地のサーキットで走行テストを繰り返す中で得られたエンジンやメカニズムに関するノウハウやデータは、事実上の後継車であるF40の開発に役立てられた。

EXCAR > Car > フェラーリ > 288GTO

EXCAR > Car > フェラーリ > 288GTO

EXCAR - フェラーリ・288GTO [フェラーリ/288GTO]

サイト内検索
Links
Online
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.