EXCAR

フェラーリ・308GTB [フェラーリ/308GTB] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > 308GTB

フェラーリ・308GTB [フェラーリ/308GTB]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フェラーリ・308GTB(Ferrari 308GTB/法拉利・308GTB), 308_GTB.jpg

フェラーリ・308GTB(Ferrari 308GTB/法拉利・308GTB)は、1975年、パリ・サロンにて発表された。1973年のパリ・サロンにて先行してデビューした2+2クーペの「DINO308GT4」をベースとした2シーターのミッドシップ・スポーツカーとしてデビューしている。

美しいラインを持つクーペ(ベルリネッタ)ボディのスタイリングは、イタリアのカロッツェリア「ピニンファリーナ」の手によるもの。

初期生産モデルはボディ材質にFRPを採用していた。FRP製ボディの308GTBの生産台数は200台未満といわれており、現存車両が少ないこともあり、大変な希少車とされている。

ヘッドライトには当時のスーパーカーの代名詞とも言える丸型2灯式のリトラクタブルヘッドライトを採用していた。

1977年のフランクフルト・ショーにてデタッチャブル・ルーフ(タルガトップ)を採用した「GTS」を追加発表。 ちなみに、GTBのBはベルリネッタを、GTSのSはスパイダーを意味している。このGTSの追加に合わせて、主要マーケットである北米での安全基準を満たすためにボディはスチール製に改められた。

パワーユニットは2926ccのV8・DOHCで、車名の「308」はこの排気量約3000cc・8気筒エンジンを搭載していることに由来している。デビュー当初の2バルブモデルはウェーバー社製キャブレターを搭載し、最高出力255ps/7,000rpm、最大トルク30.0kgm/5,000rpmを発揮した。V8エンジンを搭載しているとはいえそこはフェラーリ、大きな吸気音とハイトーンを奏でるエンジン及び排気システム等によりフェラーリ・ミュージックは健在で、その豪快にして官能的な音もセールスポイントの一つであった。

一方で、年々厳しくなる排気ガス規制に対応するため、1981年には燃料供給装置をキャブレター式からインジェクション式に変更、翌1982年にはエンジンヘッドを4バルブ化したモデル「クワトロバルボーレ」(意味はイタリア語で4バルブ)が追加された。

1984年には308GTBをベースに大規模な改修を施したグループB規定マシン、「288GTO」が登場している。

1985年、フランクフルト・ショーにて後継車の「328GTB/GTS」が発表。バトンタッチする形で10年に渡る生産・販売を終了している。

EXCAR > Car > フェラーリ > 308GTB

EXCAR > Car > フェラーリ > 308GTB

EXCAR - フェラーリ・308GTB [フェラーリ/308GTB]

サイト内検索
Links
Online
9 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.