EXCAR

フェラーリ・328GTB [フェラーリ/328GTB] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > 328GTB

フェラーリ・328GTB [フェラーリ/328GTB]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フェラーリ・328GTB(Ferrari 328GTB/法拉利・328GTB), 328_GTB.jpg

フェラーリ・328GTB(Ferrari 328GTB/法拉利・328GTB)は、1985年のフランクフルト・ショーでデビュー。スモールフェラーリとして人気を得ていた308GTBの後継モデル。ボディデザインはピニンファリーナのデザイナー、レオナルド・フィオラヴァンティが担当。歴代フェラーリの中で最もフェラーリらしく優雅で美しいとされるモデルのひとつである。

328GTBは、308と同様、固定ルーフのGTBのBは「ベルリネッタ」を、デタッチャブル・ルーフのGTSのSは「スパイダー」を意味している。発売当時はGTBに比べGTSの方が人気があった。

ヘッドライトは丸型2灯式のリトラクタブルヘッドライトを採用していた。

308GTBとの最大の相違点は、外観ではターンシグナルやフォグランプを内蔵したフロントグリルが設置されたこと、搭載されるパワーユニットが3185ccにアップされた90度V8・DOHCエンジンに変更されていたことである。車名の「328」は排気量約3200cc・8気筒のエンジンを搭載していることを意味している。

ボッシュ社製のKジェトロニックによりマネジメントされるパワーユニットは、端正なスチール製ボディの中央部後方に横置きで搭載され、最大出力270ps/7,000rpm、最大トルク31.0kgm/5,500rpmを発揮した。ちなみに、この328シリーズのインダクションボックスには「FERRARI 3200 quattrovalvole」と刻まれており、4バルブヘッドエンジンであることを控えめにアピールしている。

足回りの基本構造は308シリーズと同様、前後にダブルウイッシュボーン・サスペンションを採用していた。

308GTBと比べると、ボディサイズはデザインの変更もあり、若干大きくなっている。また、内装も基本的なデザインは変更無いもののスイッチ類やメーターのレイアウトが変更され、操作性や視認性の向上が図られた。 シフト部分は歴代フェラーリ・マシンと同様に、ゲートが切られている。

デビュー当時のフェラーリのフラッグシップモデルであったテスタロッサが、12気筒エンジンを搭載したGT色の強いモデルだったのに対し、V8エンジン搭載の328シリーズはその軽快なドライビングフィールの中にスポーツ性を感じさせるものがあったと言われている。それを裏付けるように、F1ドライバーがテスタロッサの貸与を受けるチャンスがあった際に、わざわざ328に変更させたことがあったという逸話が残っている。

1989年、フランクフルト・ショーでデビューした後継モデルの348tbにバトンタッチ。生産を終了している。現在でも年代に比して人気が高く、348tb/tsより高価で取引されている場合もある。日本では328GTBの方が328GTSより高価だが、これは日本だけの現象でアメリカでは5000ドル程度高い設定である。

EXCAR > Car > フェラーリ > 328GTB

EXCAR > Car > フェラーリ > 328GTB

EXCAR - フェラーリ・328GTB [フェラーリ/328GTB]

サイト内検索
Links
Online
5 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.