EXCAR

フェラーリ・348tb [フェラーリ/348tb] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > 348tb

フェラーリ・348tb [フェラーリ/348tb]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フェラーリ・348tb(Ferrari 348tb/法拉利・Ferrari 348tb), 348_tb.jpg

フェラーリ・348tb(Ferrari 348tb/法拉利・Ferrari 348tb)は、1989年、フランクフルト・ショーにて発表された。 それまでの308/328から全面的に改良されたその流麗なボディデザインは、前作に引き続きピニンファリーナの手によるもの。大幅にモダナイズされ、サイドの大型エアインテーク部分がテスタロッサ風のフィン付きにデザインされていた。

テールランプもフェラーリ伝統の丸型4灯タイプから異形タイプに変更されている。また、ヘッドランプは角型2灯式のリトラクタブルヘッドライトを採用している。

348シリーズの最大のトピックは、ボディ構造の変更である。フェラーリは長年、鋼管スペースフレームを基本骨格としていたが、348では一部に鋼管を残しつつもより一般的なモノコックフレームを採用していた。

搭載されるパワーユニット「F119D」は90度V8型DOHC4バルブの構造を継承。ボア85mm×ストローク75mm、3405ccまでスープアップされたそれはボッシュ社のモトロニックM2.5で制御され、最大出力300ps/7,200rpm、最大トルク33.0kgm/4,200rpmを発生した。90年末には制御システムをモトロニックM2.7に変更し、エンジン型式も「F119G」に変更されている。 また、GTB,GTS,スパイダーは改良エンジンが搭載され、320ps/33.0kgmを発生するに至った。これは強化バルブスプリングや高圧縮化、エキゾースト系の取り回しの変更などによるものである。

また、348シリーズはエンジンの搭載方法が変更されており、308/328が横置き式だったのに対し縦置き式に変更、重量バランスの最適化が図られていた。また、トランスミッションは横置き(transverse)式が採用されている。

「348」の車名は308/328と同様、排気量約3400cc・8気筒のパワーユニットを搭載していることに由来する。そして、それに続く「t」は前述の横置き式トランスミッションであることを意味する「transverse」の頭文字であり、「b」はベルリネッタ、「s」はタルガトップモデルを意味している。

日本には1990年に正式輸入が開始された。当時の販売価格は1650万円。

1993年、348シリーズにフルオープンボディの「348スパイダー」が追加され、同年5月に348tb/tsはマイナーチェンジを受けて348GTB/GTSに名称が変更されている。

EXCAR > Car > フェラーリ > 348tb

EXCAR > Car > フェラーリ > 348tb

EXCAR - フェラーリ・348tb [フェラーリ/348tb]

サイト内検索
Links
Online
10 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.