EXCAR

フェラーリ・512BB [フェラーリ/512BB] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > 512BB

フェラーリ・512BB [フェラーリ/512BB]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フェラーリ・512BB(Ferrari 512 BB/法拉利・512 BB), 512_BB.jpg

フェラーリ・512BB(Ferrari 512 BB/法拉利・512 BB)は、365GTB4 デイトナの次期モデルとして1973年にフルモデルチェンジされて、フェラーリ・365GT4 BBとして登場。それから3年後の1976年に、マイナーチェンジ版としてフェラーリ・512BBが登場した。

1970年代中盤~1980年代初頭にかけてフェラーリの旗鑑と言われれば、このBBと呼ばれた『512BB』の事を指す。従来フェラーリの慣習として伝統的に1気筒あたりの排気量が車両名であったが、この車両のネーミングは排気量が5Lで12気筒、Berlinetta Boxer(ベルリネッタ・ボクサー)つまり、排気量とシリンダー数と水平対向エンジンを意味した。(現代は車両によって名付け方が異なる。)日本国内でデビューした当時はスーパーカーブーム絶頂期で、ランボルギーニ・カウンタックと肩を並べて、当時の少年達に最も人気が高いクルマであった。

カウンタックとの公道世界最速の称号で競いあっていたが、排気ガス規制が訪れて、この種の車両は特に深刻な問題であった。そこで排気量を約600ccアップし、4942ccに拡大して対策がとられた。それでも最高出力は380psから360psへダウンしているが、マニュアルに記載されている最高速は302km/hと変更なし。4個のトリプル・チョーク・ウェーバー付きでエンジンはドライサンプの180度V型12気筒DOHC。ミッドシップに縦置きに搭載し、高さを低く抑えたエンジン下部に2層構造でトランスミッション(5速マニュアル)が組み込まれている。出力ダウンによって、低回転域での取り回しが多少扱いやすくなった。シャシは角型断面の剛管スペース・フレームに、サスペンションは前後ともウィシュボーンとコイルで後輪には4本のコニ製ショックアブソーバの組み合わせ。4輪ベンチレーテッドディスクブレーキを装備。外装のボディデザインはピニンファリーナとスカリエッティの共同作品によるもので、ボディは鉄とアルミにFRPで構成された。流麗かつ低いスタイルで、クーペのお手本のようなデザイン。マイナーチェンジでフロントスポイラーと側面にNASAダクトが追加された。前部ボンネットフードに後部のエンジンフードはカウル式で、各々車体中央から外側に向かって側面のフェンダー部分も含めて一体で開閉する。前部ボンネット内にはごく少量の手荷物が収納できた。内装は、この時代としては豪華で、インパネやシートも本革仕様で2シーター。この時代のフェラーリは製造時期によって細かな仕様や部品が細部で対策改良され頻繁に変更されている。従って各車両によって機関や装備の仕様等が微妙に違う場合もある。英国向け等の仕様として右ハンドル仕様車も存在し、米国向け仕様は5マイルバンパーやサイドマーカーを装備しており、微妙に外観等の仕様が異なる。

512BBは1976~1981年の間に929台が製造販売された。そしてさらにマイナーチェンジされ、インジェクション仕様のフェラーリ・512BBiへと進化した。

EXCAR > Car > フェラーリ > 512BB

EXCAR > Car > フェラーリ > 512BB

EXCAR - フェラーリ・512BB [フェラーリ/512BB]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.