EXCAR

フェラーリ・575M マラネロ [フェラーリ/575M マラネロ] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > 575M マラネロ

フェラーリ・575M マラネロ [フェラーリ/575M マラネロ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フェラーリ・575M マラネロ(Ferrari 575M Maranello/法拉利・575M Maranello), 575_M_Maranello.jpg

フェラーリ・575M マラネロ(Ferrari 575M Maranello/法拉利・575M Maranello)は、2002年のジュネーブショーでデビューした。550マラネロを正常進化させた、V12ベルリネッタのニューモデルである。

575Mマラネロは、ストロークを2mm延長させ、総排気量は5748ccとなり、圧縮比は10.8:1から11.0:1まで高められ、最高出力は515HP/7250r.p.m、最大トルクは60.0kg-m/5250r.p.mまで向上した。これにより、575Mマラネロの最高速度は325km/hに達し、0-100km/hは4.25秒、0-400mは12.3秒、0-1kmは22秒と向上した。 575Mマラネロのこれらの数値は6段マニュアルのものであるが、フロントエンジンレイアウトのV12初となるF1マティック仕様の場合、加速性能はさらに優れており、0-100km/h4.2秒、0-400m12.25秒、0-1km21.9秒でこなす。 550マラネロの登場から6年後にデビューした575Mマラネロではあるが、そのスタイリングはディテールの変更に留められた。エクステリアの識別点としては、丸みをおび、幅が狭くなったノーズの開口部、そしてボディーと同色となり一体感を増したヘッドライト周りが分かりやすい。 タイヤ、ホイールは共にサイズ変更はないが、星型5本スポークのホイールはエッジの効いた、よりモダンなデザインに変更された。ホイールにはタイヤ空気圧センサーが取り付けられ、空気圧が下がるとレブカウンター内のマルチディスプレイに警告が出る。 一方、575Mマラネロのインテリアは、インストルメントパネルを始め、全体的にモダンナイズされた。メーター周りのデザインは特に変更が大きく、正面に大径のレブカウンター、その右にスピードメーターが配置される。F1マティックの場合、レブカウンター内にはマルチディスプレイに加え、シフトポジションインジケータもレイアウトされる。さらに575Mマラネロではシートポジションメモリーが用意された。シートは電動で前後、チルトアップ、ダウン、リクライニングの調整により幅広いアジャストが可能なため、メモリー機能は重宝する。 トランクルームの容量も550マラネロ同様、575Mマラネロでもフルサイズのゴルフバックが2セット積める。

一見控え目な印象の575Mマラネロであるが、先代の550マラネロに比べ、1段上のパフォーマンスを誇る575Mマラネロは、フェラーリのフラッグシップモデルに相応しい存在と言える。

EXCAR > Car > フェラーリ > 575M マラネロ

EXCAR > Car > フェラーリ > 575M マラネロ

EXCAR - フェラーリ・575M マラネロ [フェラーリ/575M マラネロ]

サイト内検索
Links
Online
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.