EXCAR

フェラーリ・F430 [フェラーリ/F430] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > F430

フェラーリ・F430 [フェラーリ/F430]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フェラーリ・F430(Ferrari F430/法拉利・F430), F430.jpg

フェラーリ・F430(Ferrari F430/法拉利・F430)は、2004年、販売に成功したフェラーリ・360の後継モデルとしてモンディアル・ド・ロトモビルでデビュー。同年欧州モデルを発売、翌年の2005年に右ハンドル仕様、アメリカ仕様がリリースされた。

シャシーは360を基本に設計されV8エンジンは4.3リッターとなり(車名はこの排気量に由来する)、F355と360に採用されていた1気筒5バルブは廃され4バルブとなる。360と比べて出力は90馬力、トルクは9.4kgm高められ、490馬力と47.4kgmを発生する。

トランスミッションはMTとF1マチック(パドルシフトを備えたセミAT)から選ぶことができ、いずれも6速である。左/右ハンドルが選べる。

ボディデザインはピニンファリーナのチーフデザイナー、フランク・ステファンソンが手掛け、基本的に先代360を踏襲した形になっているが、ボディはより煮詰められエアロダイナミクスが向上している。空気抵抗値は360と変わらず、しかし360のネックだったダウンフォースが非常に高められている。特徴的なフロントノーズ回りは1961年のF1を制したFerrari 156及び1960-1961年のル・マンカーFerrari 250 TR61のシャークノーズと呼ばれるノーズデザインをモチーフとし、ライトは1つのプロジェクターランプでハイ/ロービームを切り替えるバイキセノンヘッドライトが採用された。フェラーリ・テスタロッサを思わせるサイドミラーには『F430』の文字が刻まれている等、見る者の心理を掴んでいる。

テール部分はエンツォフェラーリと同じくテールランプが上面が露出した造形となっており、意匠的に新しく生まれ変わっている。

リアエンド下部には大型のディフューザーが装着され走行時のダウンフォース発生に大きく寄与している。

また、タイヤサイズも360モデナよりもサイズアップされフロント225/35ZR19インチ、リア285/30ZR19インチ 490馬力のビックパワーをロス無く地面に伝える。

F430で新しく取り入れられた技術として以下のものがある。いずれもF1参戦で培われた技術をフィードバックしたものである。

Launchcontrol ローンチコントロールの採用。CSTを解除しLCボタンで設定、左足でブレーキを踏み回転数を上げた所でブレーキを離すとクラッチが繋がり発進するシステム。 E-Diff エレクトリック・ディファレンシャルの略で、電子制御のディファレンシャル。従来のデファレンシャルに比べると、駆動力の損失が少ないと謳われている。 この他にも、(既にチャレンジ・ストラダーレ、エンツォ・フェラーリで採用済みの)カーボンブレーキも採用されている。このブレーキは、冷間時の制動性は甘いが耐フェード性が高く、スポーツ走行に適している。

EXCAR > Car > フェラーリ > F430

EXCAR > Car > フェラーリ > F430

EXCAR - フェラーリ・F430 [フェラーリ/F430]

サイト内検索
Links
Online
4 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.