EXCAR

フェラーリ・FXX [フェラーリ/FXX] - EXCAR

EXCAR > Car > フェラーリ > FXX

フェラーリ・FXX [フェラーリ/FXX]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フェラーリ・FXX(Ferrari FXX/法拉利・FXX), FXX.jpg

フェラーリ・FXX(Ferrari FXX/法拉利・FXX)とは、フェラーリがエンツォ・フェラーリをベースに開発したサーキット走行専用車のこと。2005年、エンツォ・フェラーリをベースとして、フェラーリの持つ技術を結集させた、サーキット専用モデル(公道での走行は不可)を発表。今までマラネッロで製作された車の中では最も高度なGT。

ボディパネルはカーボン製で、車体重量は1155kg。空力特性が改善されていて、ダウンフォースはエンツォを40%も上回る。さらに、可動式のスポイラーを搭載し、サーキットにあわせて調節が可能。シートやペダルもドライバーに合わせてオーダーメイドされる。助手席を装備することも可能。

搭載されるエンジンは6262ccのV12エンジンを搭載。800PS/8500rpmという高出力を生み出す。さらに、F1の技術をもとに開発されたトランスミッションは、約80msecでギアチェンジを行うことが出来る。

ブリヂストン製の専用の19インチ・スリックタイヤと、ブレンボ製の専用の大径セラミックコンポジット・ディスクブレーキを搭載。ブレーキ冷却とパッドのシステムは専用に開発されたものである。

十分高いポテンシャルを秘めているFXXだが、このFXXは革新的な技術協力プログラムの一環でもある。それは、アマチュアながら高い運転技術を持つ顧客が、自らテストドライバーとなり、FXXを運転することで開発計画に参加するというものである。

それに対応して、FXXには高性能テレメトリー・システムが搭載され、39種類もの運動特性のデータを、ピットで常時監視する。これらの情報はフェラーリの技術者が分析し、顧客とともに検討される。

このプログラムは、高性能モデル開発計画の基本的な枠組み作りの一環で、初の顧客テストドライバーを起用した開発プログラムとなる。

なお、FXXを購入したオーナーはプロドライバーによる運転講習を受けられ、また、FXXをマラネロに預けておけば、レース時にフェラーリが各サーキットへ輸送をしてくれる。他にも各種メンテナンスを受けられるなどの特典もつく。

顧客をサポートするのは、ヨーロッパ圏内ではフェラーリ本社のコルセ・クリエンティと呼ばれる顧客レース部門で、日本ではコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドが担当する(データは全てフェラーリ本社に送られる)。なお、それ以外の国は各地のディーラーが管理する

マシンと、これらアフターケアをつけた基本パッケージは総額150万ユーロ(約2億円)。FXXは2005年12月に限定29台で、選出されたオーナーに対してのみ販売された。また、ブラックのボディカラーに、両方のドアの横に「30」と書かれた30台目のFXXが、ミハエル・シューマッハにプレゼントされた。

EXCAR > Car > フェラーリ > FXX

EXCAR > Car > フェラーリ > FXX

EXCAR - フェラーリ・FXX [フェラーリ/FXX]

サイト内検索
Links
Online
10 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.