EXCAR

フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル) [フォルクスワーゲン/タイプ1(ビートル)] - EXCAR

EXCAR > Car > フォルクスワーゲン > タイプ1(ビートル)

フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル) [フォルクスワーゲン/タイプ1(ビートル)]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)(Volkswagen Type 1(Beetle)/大众・一型(甲壳虫)), Type_1.jpg

フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)(Volkswagen Type 1(Beetle)/大众・一型(甲壳虫))は、ドイツのフォルクスワーゲン社によって製造された小型自動車。 フォルクスワーゲン・ビートルは通称で、正式名称はフォルクスワーゲン・タイプ 1(Volkswagen Type 1)である。

1938年の生産開始以来、2003年まで生産が続き、四輪自動車としては世界最多となる生産台数「2152万9464台」の記録を打ち立てた伝説的大衆車である。

フォルクスワーゲン・ビートルは、卓越した自動車設計者フェルディナント・ポルシェによって1920年代以来、長年にわたり希求されていた高性能小型大衆車のプランが、1933年にドイツの覇権を握った独裁者アドルフ・ヒトラーの大衆政策と結びつくことで実現した。1930年代におけるもっとも進歩した小型乗用車の一つで、その進歩性が、長年にわたって世界的な自動車市場の第一線で競争力を維持できた大きな理由とも言える。

1938年に量産型の原型が完成し、生産体制の整備が始められたが、ヒトラーの野心による第二次世界大戦勃発で民生用量産は実現せず頓挫、若干が主として軍需用に生産された後、大戦末期までに空襲によって工場その他は壊滅した。ヒトラーに翻弄された生い立ちの自動車と言える。

戦後フォルクスワーゲン工場を管理する立場に立ったイギリス軍将校アイヴァン・ハーストの尽力により工場を復旧、1945年から本格生産開始に至る。更に、元オペル社幹部であったハインリッヒ・ノルトホフが最高経営者に就任し、彼の経営手腕の下で、ドイツ国内はもとより、アメリカ合衆国をはじめとする国外への輸出でも1950年代から1970年代にかけて大きな成功を収めた。おびただしい外貨獲得によって、戦後の西ドイツ経済の復興に大きく貢献した。

ドイツ本国では1978年に生産終了しており、この時点で主力生産品の第一線からは退き、排ガス規制の強化が進んだ欧州・米国などの一部地域では車両登録不可などの不遇にも見舞われたが、現在に至るまで世界的な人気は高い。そのため、フォルクスワーゲン社はこの車のデザインをモチーフとしたスタイルを持つモデル「ニュービートル」を1998年から生産している。

フォルクスワーゲン・ビートルは、多くのバリエーションがあり、その多様性から一語で指し示す用語として、英語の「Type 1」という型式名や「ビートル」などの愛称が用いられる。時代ごとの正式車名は「フォルクスワーゲン1200」、「フォルクスワーゲン1300」、「フォルクスワーゲン1303/S」、「フォルクスワーゲン1303 LS」など、何の変哲もない呼称であった。

「Type 1」、ドイツ語では「Typ 1 (テュープ アインス)」はフォルクスワーゲン社内の生産型式番号で単に「1型」という意味であり、フォルクスワーゲン社の一号車であることを表しているが、一般にはよりわかりやすい通称で呼ばれる事が多い。

英語圏では、そのカブトムシの様な形から「ビートル(Beetle)」「バグ(Bug)」、ドイツでは1960年代後半より「ケーファー(Käfer=カブトムシ)」という愛称で親しまれた。ブラジルなどでは「フスカ」(Fusca=南米産の大ゴキブリ)と呼ばれ、タイでは「タオ」(亀)の愛称で呼ばれる。日本では英語の「ビートル」の他に「カブトムシ」や「ワーゲン」と呼ばれている。

これらはあくまでも愛称であるが、ニュービートルでフォルクスワーゲン社は「ビートル」を初めて正式車名に用いた。

EXCAR > Car > フォルクスワーゲン > タイプ1(ビートル)

EXCAR > Car > フォルクスワーゲン > タイプ1(ビートル)

EXCAR - フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル) [フォルクスワーゲン/タイプ1(ビートル)]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.