EXCAR

フォルクスワーゲン・タイプ2 [フォルクスワーゲン/タイプ2] - EXCAR

EXCAR > Car > フォルクスワーゲン > タイプ2

フォルクスワーゲン・タイプ2 [フォルクスワーゲン/タイプ2]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
フォルクスワーゲン・タイプ2(Volkswagen Type 2/大众・二型), Type_2.jpg

フォルクスワーゲン・タイプ2(Volkswagen Type 2/大众・二型)は、フォルクスワーゲンが製造する商用区分の自動車。 一般には、フォルクスワーゲン社のトランスポルター(Transporter)の第1世代(T1)、第2世代(T2)、第3世代(T3)にあたる。狭義ではトランスポルターの第1世代、第2世代を指す。

タイプ2とは「2型」の意味で、フォルクスワーゲン社での型式名称であり、ドイツ語ではテュープ ツバイ(Typ 2)となる。タイプ2という呼び名は、1960年代の北米で広まり、現在では、主に、専門家や愛好家の、内輪での愛称となっている。一般には、ドイツおよびその周辺で、Bulli(ブリ:ブルドッグの意)の愛称で親しまれている。

カタログ表記(商品名)は、貨物仕様がVW Transporter(トランスポルター)、多人数乗用仕様はVW kleinbus(クラインブス:小型バス、英語ではマイクロバス)、座席の取り外しができ、簡素な内装で、乗用・貨物兼用のものはKombi(コンビ:コンビネーション、米国でのステーションワゴンに準ずる呼称)。これら全体を含む名称として、英語由来のタイプ2が用いられている。日本では「ワーゲンバス」といわれることもある。

フォルクスワーゲンでは、T1からT5までを連続したシリーズとして扱っており、その総称にはTransporterが使用されている。T3発表時に、フォルクスワーゲン社自身が過去にさかのぼって世代区分を行った。これにより、Transporter(独トランスポルター、英トランスポーター)の第1世代、第2世代、第3世代、略してT1、T2、T3と各世代に対してネーミングを行うようになり、T5になった現在も引き続き使用されている。

早くから世界各国に輸出され、またメキシコ、ブラジル、オーストラリア、南アフリカなどでの現地生産も行われた。これらの国々では、コンビ(KombiやCombi)が名称とされ、メキシコでは、コンビの名が、公共交通機関の、ある種の民営バスを指し示す用語とまでなって、一般に普及している。

1960年代後半の米国のヒッピームーブメントの時代には、すでにその時点で、中古で手に入れやすくなっていたT1が若者たちに愛用された。また箱型のボディはキャンバスとなり、派手な色使いによるサイケデリックなペインティングにピースマークなどが描かれ、現在につづくワーゲンバスのイメージの一つの原点となっている。

近年のフォルクスワーゲンのブランド戦略においては、フォルクスワーゲン乗用車とは異なる、「フォルクスワーゲン商用車部門(Volkswagen Nutzfahrzeuge、略してVWN)」としての取り扱いとなっている。

ドイツのキャンピングカービルダーのウエストファリア社が歴代のトランスポーターを架装した「カリフォルニア」は世界的に有名なキャンピングカーである。

悪路走破性の高い四輪駆動車もT3からラインナップされ、T3T4ではシンクロ、T5は4モーションと呼ばれている。

T4,T5のシャシーキャブはキャンピングカーやバスへの架装にも用いられている。

EXCAR > Car > フォルクスワーゲン > タイプ2

EXCAR > Car > フォルクスワーゲン > タイプ2

EXCAR - フォルクスワーゲン・タイプ2 [フォルクスワーゲン/タイプ2]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.