EXCAR

ベントレー・コンチネンタル・フライング・スパー [ベントレー/コンチネンタル・フライング・スパー] - EXCAR

EXCAR > Car > ベントレー > コンチネンタル・フライング・スパー

ベントレー・コンチネンタル・フライング・スパー [ベントレー/コンチネンタル・フライング・スパー]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ベントレー・コンチネンタル・フライング・スパー(Bentley Continental Flying Spur/宾利・Continental Flying Spur), Continental_Flying_Spur.jpg

ベントレー・コンチネンタル・フライング・スパー(Bentley Continental Flying Spur/宾利・Continental Flying Spur)は、2ドア・クーペのベントレー・コンチネンタルSシリーズの派生モデルとして誕生した。 初代は1957年に発売、1966年にベントレー・コンチネンタルTシリーズの登場によって生産が中止されるまでの9年間に渡って製造された。フライングスパーはベースモデルであるSシリーズの影響もあって当時としては最も高速な4ドアサルーンのひとつとして認められた。

2005年、フライングスパーのモデル名は、ベントレー・コンチネンタルGTの4ドアバージョンという形で復活を果たす。新しいフライングスパーも、以前のフライングスパー同様、最速の4ドアセダンとしてその伝統に恥じないものとなっている。 新フライングスパーは6速ATを装備し、6リッター・552馬力のパワーを誇るツインターボ付きW型12気筒エンジンによって最高速度は312kmに達する(4ドアセダンでは世界最速。しかもこのデータは外気温40℃以上の定員乗車、エアコンを使用した状態での数値である)。ちなみにほとんどのライバル車に付いている250km/hリミッターは付いていない。イギリス車ということもあってか、右ハンドル仕様も用意する(左右ハンドル設定)。フライングスパーはコンチネンタルGT同様、プラットフォームをはじめとするメカニズムの多くをフォルクスワーゲン・フェートンと共用しており、四輪駆動が標準装備されている。 フライングスパーはクルー工場で組み立てられているが、一時、大量受注によってクルー工場の生産能力を超える事態となったため、ベントレーの親会社にあたるフォルクスワーゲン社のドレスデン工場でも組み立てられた(現在は行われていない)。

EXCAR > Car > ベントレー > コンチネンタル・フライング・スパー

EXCAR > Car > ベントレー > コンチネンタル・フライング・スパー

EXCAR - ベントレー・コンチネンタル・フライング・スパー [ベントレー/コンチネンタル・フライング・スパー]

サイト内検索
Links
Online
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.