EXCAR

ホンダ・ビート [ホンダ/ビート] - EXCAR

EXCAR > Car > ホンダ > ビート

ホンダ・ビート [ホンダ/ビート]

Carホンダ

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ホンダ・ビート(HONDA Beat/本田・Beat), Beat.jpg

ホンダ・ビート(HONDA Beat/本田・Beat)は、1991年5月15日に発表。

ビートは同時期に発売されたマツダ・オートザム・AZ-1 、スズキ・カプチーノ (Cappuccino) 、とは二人乗り軽自動車であることが共通項とされ、頭文字から平成ABCトリオとも呼ばれた。 ビートは平成ABCトリオ三車種の中で総生産台数が一番多い。

ビートはNSXと 同様にミッドシップエンジン・リアドライブ設計が取り入れられ、ほぼ同時期の開発・発売から比較されることもある。実際には開発チームは別々で双方の人的交流はなかったが、ビートのルームミラーには開発陣が意図してNSXと全く同じものが装備されていた。生産中止から10年あまりが経過するが、中古車市場では取り引きが続いており、程度の良い個体には高値がつく。 ボディ型式はPP1で、量産車として世界初のミッドシップフルオープンモノコックボディとなっている。 エンジンは高回転型の直列3気筒SOHC4バルブ 656ccのE07Aを横置きで搭載。トランスミッションはATの設定は無く、シフトストロークを短く設定された5速マニュアルトランスミッションを持つ。サスペンションは四輪独立懸架のストラット式。軽自動車としては初めて四輪ディスクブレーキ、SRSエアバッグ、サイドインパクトビームを採用した。駆動輪である後輪のブレーキディスクは当時のプレリュードのものが流用され、大径化されている。そのためタイヤは前13インチ、後14インチの前後異径となっていた。パワーステアリングは装備されておらず、ハンドル回転時の遊びは少ない。センターコンソールが助手席側に約2cm寄っているため、運転席が助手席よりも広く、117cmの全高は日本車の中でも特に低い。トランク容量は小さいが、キャリアを装着することができる。

ビートに搭載されたエンジンは自然吸気(NA)だが、独立3連スロットルと燃料噴射制御マップ切換方式を組み合わせた吸気システム「MTREC」(Multi Throttle Responsive Engine Control)により、自然吸気の軽自動車としては唯一自主規制に達する64PSを8,100rpmで発生する。レッドゾーンは8,500rpmと高回転型に設定されている。 オプション品のカーオーディオ には、車速に応じて音量を調整する「スカイサウンドシステム」を備えている。社外部品との互換性は無いが、一部の部品メーカーが2DINキットを発売している。

ビートは当時の運輸省の反発をさけるため、スポーツは名乗らず、ミッドシップ・アミューズメント(Midship Amusement)と冠していた。 また、ビートは、同年8月に亡くなった本田宗一郎が最後に見送った四輪車となった。

1992年2月18日、特別仕様「バージョンF」発売。限定800台。

1992年5月28日、特別仕様「バージョンC」発売。限定500台。

1993年12月、特別仕様「バージョンZ」発売。

1998年12月、スペシャルティカー市場の低迷と軽自動車の規格変更に伴い、車種整理の対象となり、ビート生産終了。

EXCAR > Car > ホンダ > ビート

EXCAR > Car > ホンダ > ビート

EXCAR - ホンダ・ビート [ホンダ/ビート]

サイト内検索
Links
Online
5 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.