EXCAR

ホンダ・N360 [ホンダ/N360] - EXCAR

EXCAR > Car > ホンダ > N360

ホンダ・N360 [ホンダ/N360]

Carホンダ

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ホンダ・N360(HONDA N360/本田・N360), N360.jpg

ホンダ・N360(HONDA N360/本田・N360)は、1967年から1972年まで製造された軽自動車。愛称は「Nコロ」。

前輪駆動(FF)方式を採用して広い車室スペースを確保すると共に、この時代としては異例の高出力エンジンを搭載し、当時の軽自動車業界における「馬力競争」の火付け役ともなった。低廉な価格と高性能によって当時のベストセラーとなった。

ホンダはそれ以前にスポーツカーの「Sシリーズ」や商用車は送り出していたが、台数は限られたものであり、N360が初の本格的量産型乗用車と言える。「N360」の「N」は、一説には「乗り物(Norimono)」の略とされ、当時社長であった本田宗一郎がミニマム・トランスポーテーションとしての普及を目した事によるネーミングと言われている。

N360の2ドアの2ボックススタイルは、小径タイヤを四隅に追いやり極力車室スペースを稼ぎ出そうとした設計であり、当時の軽乗用車としては極めて広い車室を備えていた。その設計思想は駆動形式は、先行して販売されていたイギリスのMiniの影響が指摘されている。トランクリッドを備えているのも共通であるが、N360ではリアバルクヘッドやトレイを省略したトランクスルー構造となっている。

本田宗一郎は当初のリアデザインが気に入らず、金型を取り終わったクレイモデルにカンナで削りを入れたという逸話が残っている。

ダッシュボードをはじめ、N360の内外装は簡素で、スピードメーター周りは自動車というよりテスターのインジケーターを思わせる単純なデザインだった。

N360は空冷エンジンをフロントに横置きし、前輪を駆動する。既にFF用等速ジョイントが実用水準に達した時期であり、時宜を得た手法であった。

エンジンは、4ストローク強制空冷直列2気筒チェーン駆動SOHCで、オートバイ用の450ccエンジンをベースに開発された。ボア×ストロークは62.5×57.8mmのオーバースクエアで、排気量は354cc、最高出力は実に31PS/8,500rpmという、当時としては凄まじい高出力・高回転エンジンであった。この時代、軽自動車のエンジンは2ストロークが主流で、出力も20PS台前半がせいぜいであったことから、4ストロークで31PSを発生するN360のパワーは、もはや常軌を逸した水準であった。最高速度は115km/hを公称し、これも当時の軽自動車として最高レベルであった。

空冷エンジンの冷却による廃熱を利用したヒーターは、室温の維持が難しく、寒冷地ではやや能力不足であった。また、どうしても車内がガソリンやオイル臭くなった。

エンジンと直列に配置された4速MTは、バイク的な常時噛み合い(コンスタントメッシュ)式のドグミッションである。しかもダッシュボード下からロッドを介してシフトレバーにつながっているという、いささか荒っぽい設計であった。もっとも若いユーザーには、かえってスポーティであるとして歓迎する向きもあったようである。

サスペンションは、フロントがストラットの独立、リアがリーフ・リジッドという、単純かつコンパクトな組み合わせである。

EXCAR > Car > ホンダ > N360

EXCAR > Car > ホンダ > N360

EXCAR - ホンダ・N360 [ホンダ/N360]

サイト内検索
Links
Online
3 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.