EXCAR

ポルシェ・356 [ポルシェ/356] - EXCAR

EXCAR > Car > ポルシェ > 356

ポルシェ・356 [ポルシェ/356]


印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ポルシェ・356(Porsche 356/保时捷・356), 356.jpg

ポルシェ・356(Porsche 356/保时捷・356)とはドイツの自動車メーカーであるポルシェ社が1948年から製造を開始したスポーツカーである。製品名にポルシェの名を冠した初の自動車である。 スポーツカーとしての高性能と、居住性、実用性とを高度に満たした小型スポーツカーであり、第二次世界大戦後の小型スポーツカーの分野における一つの指標ともなった存在である。

1931年の創業以来、他社請負の車輌設計・開発を主な業務としてきたポルシェ社が、独立系メーカーとしての新たな活路をスポーツカー分野に見出し、第二次世界大戦終戦後に開発に着手した小型スポーツカーである。「356」の名称は、ポルシェ社内の開発コードから来たものである。

設計を主に担当したのはポルシェ社創業者フェルディナント・ポルシェの息子のフェルディナント・アントン・エルンスト・ポルシェ (一般にはフェリー・ポルシェの名で知られる。Ferdinand Anton Ernst Porsche) である。スタイリングはフォルクスワーゲン・タイプ1(いわゆる「ビートル」)のスタイリングも手がけたポルシェ社員のエルヴィン・コメンダ (Erwin Komenda) による。

356と、フェルディナント・ポルシェ設計のビートルには共通点が多いが、その前段階として、1940年にフォルクスワーゲンをベースとしてポルシェの手で開発された「ベルリン・ローマ・レーサー」の存在がある。このレース用2ドア・クローズド・クーペは、後の356に類似したスタイルを備え、高いポテンシャルを備えていたが、第二次世界大戦の激化に伴って目的としたレース開催が頓挫したことで活躍の機会を失った。356は、ベルリン・ローマ・レーサーの思想を受け継いだ存在とも言える。

ポルシェ博士のビートル開発関連の系譜以外にも、356量産化の際には資材、部品の調達や資金面等の多数の問題が発生し、解決策としてフォルクスワーゲン社(VW)との交渉により、ビートル用コンポーネンツの安定供給と1台生産ごとのロイヤルティ支払いの約束が為された。量産が開始された後、約15年に渡り細かい改良を重ねて発展しながら製造販売された。

終戦後の資材や物資が入手困難な状況で1947年6月に設計が始まり、短期間で完成された。1948年6月に試作車が完成し、ナンバー登録された翌月には、さっそくインスブルックの小さなレースに出場し優勝している。

1948年、いわゆる「ベルリン・ローマ・レーサー」である「タイプ64」(Porsche 64) のメカニズムの延長上に、アルミボディーの2シーターでロードスター型プロトタイプを試作した。

これは後に続くポルシェシリーズの中で、ポルシェの名を冠した初の車であることから「ポルシェNo.1」とも呼ばれる。量産型356とは異なり、試作1号車は鋼管スペースフレームのミッドにエンジンをレイアウトした。エンジンはフォルクスワーゲン用の空冷水平対向4気筒OHV1131cc(25PS)をベースに、ソレックス製のツイン・キャブレター装備で、圧縮比も上げられ出力アップを果たした(約35~40PS)。試作2号車はクローズドボディーのクーペとして製造された。当時のポルシェ社の財政事情から、試作車もユーザーに販売された。

量産化に際し、車体はクーペとカブリオレの2種となり、後部に補助シート2席を追加し、フロントは中央2分割窓となっており、シャーシもフォルクスワーゲン・タイプ1と同様の、鋼板プレス、溶接組みたてのプラットホーム型と、リアエンジンレイアウトとなった。これは座席やラゲッジスペース確保による実用性の向上と、フォルクスワーゲンとの構造、部品の共通化によるコストダウンが目的である。

エンジンは引き続きフォルクスワーゲン用を強化した空冷水平対向4気筒OHV・1086CC(35PS)だったが、1949年11月以降はシリンダーヘッド改良で40PSとなる。電装系は当時のVWそのままの6Vバッテリー仕様であった。最高速度は140km/h。

サスペンションはVWと同じ4輪独立トレーニングアームと横置きトーションバースプリングで、ブレーキはドラム。ボディはアルミ製でシャーシに溶接された。プラットホーム型シャーシは、補強が不要な程の強度を備えており、カブリオレでも追加補強はない。

この時代の少量生産車に多く見られたことだが、ボディを製造する工場や時期の違いによる細部の差異がある。グミュント工場で生産されたが、ボディを外部の複数の会社が架装した車両も多数あった。そのために、メッキモールの仕様や、アルミ製バンパーもオーバーライダー付きと無しがあり、ランプ類もボッシュ製とヘラー製があり、ライト下のウインカーレンズやリアのテールランプには複数の形状がある。腕木式の方向指示器の仕様も存在した。内装もインパネ形状にメーター類や、シートも左右独立のタイプやベンチシート仕様もあり、後席も左右独立や一体型、カーペットを敷いただけの車両もある。

プロトタイプ以外に約49台が生産されたが、この時期のグミュント製車両は手探り状態で製造販売されていたようなもので、増加試作車同然とも言える。

全長3870mm、全幅1660mm、全高1300mm

◆356本格生産型(1950~1955年式) 1949年9月からボディの自社生産をやめ、シュトゥットガルト製車両として、ロイター社ほかがボディを製造するようになる。

車体材質がアルミから鉄製ボディーに変更された。三角窓を廃し、フロントバンパーを変更、ボンネットも高くなった。微妙にウエストラインがあがり、室内も広げられ、屋根がなだらかになった。ボディは何枚ものパネルをガス溶接しハンダで埋めて製造された。車体側面のサイドシルが内側に回りこんでいるのが特徴で、後に愛好者に「Pre-A」とも呼ばれた年代モデル。左右独立シートとリアの補助シート設定。

1951年から従来の1100CCモデルに追加して、1300CC(44PS)モデルも登場。リアクォーター窓が少し外側に開閉可能になり、右ハンドル仕様も設定された。ほどなく1500CC(60PS)もさらに追加。サスペンションのリアダンパーがテレスコピック式に変更された。

1952年に1500スーパー(70PS)が登場。一般型の1500は55PSにデチューンされた。VW4速マニュアルのトランスミッションにポルシェ製シンクロメッシュが内蔵された。フロントのウインドシールドが1枚窓に変更され、ボンネットの幅が狭くなり、フード上のメッキの開閉ハンドルは穴あきグリップに変更されている。

インパネにはタコメーターが標準装備になり、燃料計も付いた(従来は木製レベルゲージで残量確認)。ステアリングがポルシェエンブレム付き2本スポークに変更し、ウインカーレバーも付いた(従来はインパネのトグルスイッチで左右操作した)。ドア上部のウッドパネルは廃止されて鉄板むき出しとなり、リアシートは可倒式になった。

ボンネット内のスペアタイヤ搭載位置を横から縦置きに変更しフロントフード内に荷物が多少積めるようになった。

ライトはボッシュ製のみになり、メッキリムがついた(VWマークがないだけで、ビートルと共用)。バンパー形状変更でフェンダーまで回り込まないデザインとなり、前後ランプ類も小変更。VW流用の16インチ鉄ホイールは、リム周辺に冷却用穴あけ加工された。

1953年に1300スーパー(60PS)モデルも登場。ワイパーが対向式から平行式に変更し、カブリオレのリアガラスがプラスチック製に変更。

1954年に1100を廃止。ボンネットフード上のメッキの開閉ハンドルがポルシェエンブレム付に変更され、フロントウインカー内側にホーングリルが付き、ドアハンドル等もビートル流用からポルシェの専用に変更された。ヒーター調整ノブがインパネからフロア中央へ移動し、サンルーフがオプション設定され、手動ポンプ式ウインドウォッシャーのタンクがガラスからプラスチックバッグへ変更。リクライニングシートが全車標準装備となった。サスペンションにフロントスタビライザーが装備された。

1955年以降サイドシルにモール追加。米国仕様はバンパーにオーバーライダー付が多い。「Pre-A」は合計10466台が製造販売された。

EXCAR > Car > ポルシェ > 356

EXCAR > Car > ポルシェ > 356

EXCAR - ポルシェ・356 [ポルシェ/356]

サイト内検索
Links
Online
8 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.