EXCAR

ポルシェ・356 A [ポルシェ/356/356A] - EXCAR

EXCAR > Car > ポルシェ > 356 > 356A

ポルシェ・356 A [ポルシェ/356/356A]

Carポルシェ356

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ポルシェ・356 A(Porsche 356 A/保时捷・356 A), 356_A.jpg

ポルシェ・356 A(Porsche 356 A/保时捷・356 A)は、1955~1959年まで製造された。 356は1955年から356 Aへ順次マイナーチェンジし、比較的大きな改良を行った。エンジンは1300(44PS)、1300S(60PS)、1500GSカレラ(100PS)、1600(60PS)、1600S(75PS)が設定される。

フロントのウインドシールドガラスが曲面になり、屋根の前端部も変更され、側面のサイドシルが平らになった。後部エンジンルーム内カバーパネルが2重に変更。内装は合成革が標準で本革シートは注文装備。インパネ上部がソフトパッド付きとなり、イグニッションキーとエンジンスタータボタンが一体になった。ステアリングがダンバー付きとなり、3本スポークで、ホーンスイッチはリング式からハンドル中央のボタン式に変更、ハンドブレーキはレバー式からステッキ式に変更された。カブリオレは後部座席なしカーペット仕様。サスペンションも改良され、ホイールが15インチに変更。センターキャップ部にポルシェエンブレム付(1600Sとカレラ)。センターロック式ホイールもオプション設定された。

1956年、メッキバンパーオプション設定。

1957年、1300が廃止され、社内呼称「T2シリーズ」1600と、1500GSカレラGT(110PS)登場。T2はリアバンパーのオーバーライダーからマフラーが出ている。VW用だったステアリングギアボックスを専用のZF製に変更した。カブリオレは三角窓標準装備(クーペは注文装備)。左右窓のギア比変更で開閉(手動)が軽くなった。インパネの鍵穴が少し大きくなり、サンバイザーがアクリル製からパッド入りビニール製に変更(バニティミラーは注文装備)。シート形状も変更された。シフトレバーが少し短く変更され、シフトレバーが後方に移動し操作性が向上し、ヒーターノブは前方に変更となる。ドアハンドル変更。灯火類を涙摘型テールランプに変更集中し、後部ナンバープレートランプ位置変更。カブリオレの後部窓が大型化された。 1958年、1600GSカレラDX(105PS)とコンバーチブルDモデル登場。カブリオレ用オプションで鉄製ハードトップが設定された。各種エンジン(グレード)表示エンブレムが後部に付いた。 1959年、1600GSカレラGT(115PS)とコンバーチブルDモデル登場。

ポルシェ356 Aは20658台が製造販売された。

EXCAR > Car > ポルシェ > 356 > 356A

EXCAR > Car > ポルシェ > 356 > 356A

EXCAR - ポルシェ・356 A [ポルシェ/356/356A]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.