EXCAR

ポルシェ・911 (タイプ930) [ポルシェ/911/タイプ930] - EXCAR

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ930

ポルシェ・911 (タイプ930) [ポルシェ/911/タイプ930]

Carポルシェ911

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ポルシェ・911 (タイプ930)(Porsche 911 (type930), 930.jpg

ポルシェ・911 (タイプ930)(Porsche 911 (type930)/保时捷・911 (type930))は、1974~1989年まで製造された。

1974年モデルの911は米国の保安基準に従った5マイルバンパーが装着され、外観が一新された。大きなバンパーが付いたことから、1974年から1989年までの911は「ビッグバンパー」などと呼ばれている。930という名称は本来ターボモデルのみを指すものであり、NAモデルは1977年モデルまで、ビッグバンパーであってもタイプ911のままである。2.7Lエンジン搭載の911及び911カレラの他に、3Lエンジン搭載のカレラRSが108台限定生産された。ボディの種類はクーペと脱着式のルーフをもつタルガの2種類。

1978年には全車3Lエンジンを搭載しNAモデルもタイプ930となり、911SCとなる。日本市場においてはフル装備の911SCSが販売された。356で人気のあったオープンモデルであるカブリオレが1983年の911SCから復活。

1984年には全車3.2Lエンジンとなり、馬力も1973年のカレラRSを超えたことから、かつてレーシングモデルにのみ与えられていたカレラの名称は以降NAモデルの名称として使用される。

ビッグバンパーは1974以降の2.7L時代 (911)、1978以降の3.0L時代 (930)、そして1984以降の3.2L時代 (930) に分けられる。1976年以降の911は亜鉛メッキで防錆処理された鋼板が採用されており、それまでの911よりもボディの耐久性が大幅に向上している。更に1985年以降はフロアパンとバルクヘッドの板厚アップが行われ、剛性が向上した。

3.2Lカレラのほうがパワフルではあるが、クランクをターボ3.3Lと同じものを使用したため、レスポンスはSCのほうが軽い印象がある。国内では触媒の関係からパワーはやや低いが、3.2Lカレラの本国仕様は231馬力を搾り出した。

トランスミッションは1986年までは915型と呼ばれるポルシェ内製トランスミッション(ポルシェシンクロ)を、1987年からはボルグワーナー式のゲトラグ製G50ミッションを採用した。

1976年に260馬力の3Lエンジンを搭載するターボモデルが登場。豪華な内装をもつ高性能スポーツカーとして高価格ながら販売は好調であった。トルクバンドが幅広いため、トランスミッションは当初4速MTだった(NAモデルは5速MT)。

ポルシェは「ありあまるパワーには4速で十分」と語っていたが、本当のところはポルシェシンクロトランスミッションの許容量がターボのパワーに耐え切れず、やむなく4速にしたというのが通説。1988年まではポルシェシンクロを採用し、1989年のみ5速のゲトラグ製ミッションを採用する。ターボの燃料制御はKEジェトロ、NA(カレラ)は3.2LからLジェトロ(フラップ式)を採用。NAは意外に燃費もいい。

1978年には新潟県警にパトロールカーとして配備され、20年近く活躍した。

1982年にはインタークーラーを装着し、排気量も3.3Lとなる。

1987年には全ての車種においてトランスミッションのシンクロメッシュがワーナータイプに変更となる。北米市場の要望によりオープンボディのカブリオレ及びタルガがターボモデルにも追加された。

ビッグバンパーの最終年となる1989年には限定モデルのターボSが少数製造された。

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ930

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ930

EXCAR - ポルシェ・911 (タイプ930) [ポルシェ/911/タイプ930]

サイト内検索
Links
Online
10 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.