EXCAR

ポルシェ・911 (タイプ964) [ポルシェ/911/タイプ964] - EXCAR

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ964

ポルシェ・911 (タイプ964) [ポルシェ/911/タイプ964]

Carポルシェ911

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ポルシェ・911 (タイプ964)(Porsche 911 (type964)/保时捷・911 (type964)), 964.jpg
  • 964 Carrera RS 3.6
  • 964 turbo 3.6 S
  • 964 turbo 3.6
  • 964 turbo 3.3
  • 964 Carrera 4 Jubilee Coupe
  • 964 Carrera 4 Targa
  • 964 Carrera 4 Cabrio
  • 964 Carrera 4
  • 964 Carrera 2 Speedster
  • 964 Carrera 2 Cabrio turbo-look
  • 964 Carrera 2 Targa
  • 964 Carrera 2 Cabrio
  • 964 Carrera 2

ポルシェ・911 (タイプ964)(Porsche 911 (type964)/保时捷・911 (type964))は、1989~1993年まで製造された。

944と928のセールスが予想を下回ったことにより、引き続き911シリーズは収益上の主力となっていた。相変わらず北米市場での人気は高かったものの、顧客数の増大は新たな要求を生み、それに応えるためには、アップデートが必要な時期に来ていた。さらにその後継車は911シリーズのイメージを継承する必要があり、外観を大きく変えることが許されなかった。

そのために、1989年にデビューした964(カレラ4)は、930似の外観をまとってはいるものの、80%ものパーツを新製するといった手の込んだ手法を採ることとなった。なかでも特筆されるのは、ボディー構造が一般的なモノコックとなったことと、サスペンションのスプリングが全てコイルスプリングに変更されたことの2つである。これにより964は一気に現代的なハンドリングを得ることに成功、「最新のポルシェは最良のポルシェ」という言葉の価値を一層高める一助となり、エンジニアの多大な労苦は報われることになった。

排気量は3.6Lとなり、フルタイム4WD機構に加え、マニュアルシフトモードを持つAT、「ティプトロニック」が搭載された。

1990年には2WDのカレラ2が追加される。1992年にはレーシングバージョンのカレラRSが追加された。この頃ボディタイプはクーペ、タルガ、カブリオレに加え、簡単な工具で脱着可能なウィンドシールドをもつスピードスターが加わり、ポルシェ創設以来もっともバラエティに富んだ商品ラインナップとなった。

大掛かりなモデルチェンジとなった964では、当初ターボモデルの開発が追いつかず、1991年に930モデルと同じ3.3リッターM30エンジンでデビューしたが、熱狂的なターボファンからの評価は芳しいものではなかった。その後、レース部門を中心に開発された限定車のターボS IMSAが登場。これこそ新世代のターボとの賞賛をもって受け止められた。1993年に3.6L M64エンジンをベースとしたターボ3.6が登場。ターボSで用いた「赤キャリ」「スピードライン製3ピース18インチホイール」などの装備の他、低められた車高とRSと同タイプのリアセンターバンパーなどによって迫力を増している。マフラーは左右2本出しとされたが助手席側マフラーエンドからのみ排気され運転席側マフラーエンドはウェイストゲートからの大気開放のラインとなっている。

また、3.8リッターと空冷ポルシェ最大の排気量である「カレラ RS3.8」なども少量生産された。

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ964

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ964

EXCAR - ポルシェ・911 (タイプ964) [ポルシェ/911/タイプ964]

サイト内検索
Links
Online
10 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.