EXCAR

ポルシェ・911 カレラ (タイプ997) [ポルシェ/911/タイプ997/カレラ] - EXCAR

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ997 > カレラ

ポルシェ・911 カレラ (タイプ997) [ポルシェ/911/タイプ997/カレラ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ポルシェ・911 カレラ (タイプ997)(Porsche 911 Carrera (type997)/保时捷・911 Carrera (type997)), 997_Carrera.jpg

ポルシェ・911 カレラ (タイプ997)(Porsche 911 Carrera (type997)/保时捷・911 Carrera (type997))は、2004年7月に、タイプ996からタイプ997へモデルチェンジした。水冷フラット6の第2世代への移行である。 タイプ997は、前モデル996からメカニズムの基本設定を引き継いでおり、ビッグ・マイナーチェンジと見る考え方もあるが、その実ポルシェの通例どおり、コンポーネンツは大半が新設計されており、乗れば走りは鮮やかに一変して、実質上では確かにフルモデルチェンジと言って間違いはない。

911カレラ(タイプ997)の車体でまず目に付くのは、丸目になったヘッドライト。そして40mm拡幅された全幅である。 エンジンが993の一記事と同じように、2種類あることも新しい。3.6リッターを積むスダンダードモデルはカレラ、3.8リッターを積むモデルはカレラSと呼ばれる。3.6のカレラは基本的に996の後期型と変わらないとされており、ボア×ストロークは96×82.8mmで、圧縮比も11.3:1のままである。最大トルクも37.7kg-mと同一である。しかし、最高出力は325HPと5HPアップしている。 一方、3.8のカレラSは、ボアを3mm広げて3824ccの排気量を得ており、最高出力は355HP、最大トルクは40.8kg-mとなる。また、この両車には、それぞれ6M/Tと5A/TティプトロニックSの2種のトランスミッションが用意される。 また、シャーシの仕様にもバリエーションがある。スタンダード仕様と、カイエンで登場した電制ダンパーPASMを装備する仕様、そしてハードに味付けされたスポーツシャーシの3種である。日本ではスポーツシャーシ仕様のみに機械式LSDが装着できる。その他のモデルは、PSMの一環として任意に作動するブレーキがその代わりを果たす。総じて足回りはタイプ996より辛口になったが、PASM装着車では可変減衰力の効果はてき面で、不整路面での強烈な突き上げやステアリングへのキックバックも減っている。 また、ステアリングにチルト調整がつき、運転姿勢の自由度も飛躍的に増した。オプションのスポーツシートは、市販のフルバケット並みの拘束力と、電動の調整機構を両立している。タイプ996でユーザーの不満が集中した内装トリムの仕上がりも、格段に高級感が増している。装着タイヤは18インチと19インチの2種類が用意される。

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ997 > カレラ

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ997 > カレラ

EXCAR - ポルシェ・911 カレラ (タイプ997) [ポルシェ/911/タイプ997/カレラ]

サイト内検索
Links
Online
5 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.