EXCAR

ポルシェ・911 ターボ (タイプ997) [ポルシェ/911/タイプ997/ターボ] - EXCAR

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ997 > ターボ

ポルシェ・911 ターボ (タイプ997) [ポルシェ/911/タイプ997/ターボ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ポルシェ・911 ターボ (タイプ997)(Porsche 911 Turbo (type997)/保时捷・911 Turbo (type997)), 997_Turbo.jpg

ポルシェ・911 ターボ (タイプ997)(Porsche 911 Turbo (type997)/保时捷・911 Turbo (type997))は、2006年3月のジュネーブショーでデビューした。 新しい997ターボの車体は、すでに登場済みのカレラ4/カレラ4Sと基本的に同じものである。ただし、より優れた空力特性を求めてフロントの造形が変えられており、オーバーハング部は長くなって、全長は25mmほど伸びた。

エンジンは、タイプ996ターボと同様、空冷クランクケースを使う3600ccである。ただし、996より若干圧縮比が下げられており、代わりに過給圧セッティングがやや攻撃的になった。これにより、最高出力はタイプ996ターボの450HPから30HP増え、480HPとなっている。 ターボチャージャーには、可変ジオメトリー機構が備わる。これは、1980年代に三菱や日産、ホンダがトライしたVGターボと本質的には同じコンセプトである。排気はタービンハウジング内の渦巻状の通路を通って中心部に置かれたタービンに当たるが、その寸前にベーンと呼ばれるノズルの羽根を置き、これを排気の状態によって角度を変えて排気流速を増してやり、エンジンの回転数と付加が少ない状態でもタービンホイールを回すという発想のものである。ただし、三菱や日産のベーンがたった1枚、ホンダでも4枚だったのに対して、ポルシェの997ターボのVGターボ(ポルシェではVTGと呼ぶ)は十数枚の可動ベーンを持つ。VTGは、排気流量が少ない状態では乱流を呼び、さらには排気管の背圧を高め、目だった効果を上げないとされるが、ポルシェの場合は排気量が3.6と基本的に流量が多い。またベーンの枚数が格段に増やされ、メリット確保が図られている。 さらに997ターボの注目ポイントは、4WD駆動系が自然吸気のカレラ4や、かつてのタイプ993時代のものとは変更されていることである。997ターボは、多板クラッチを電子制御して、フロントへのトルク伝達を調整している。これは、959や964時代の延長線上にあるシステムである。

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ997 > ターボ

EXCAR > Car > ポルシェ > 911 > タイプ997 > ターボ

EXCAR - ポルシェ・911 ターボ (タイプ997) [ポルシェ/911/タイプ997/ターボ]

サイト内検索
Links
Online
8 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.