EXCAR

ポルシェ・914​/1.7 [ポルシェ/914/1.7] - EXCAR

EXCAR > Car > ポルシェ > 914 > 1.7

ポルシェ・914​/1.7 [ポルシェ/914/1.7]

Carポルシェ914

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ポルシェ・914/1.7(Porsche 914/1.7/保时捷・914/1.7), 914-1.7.jpg

ポルシェ・914/1.7(Porsche 914/1.7/保时捷・914/1.7)は、ワーゲン・ポルシェというニックネームの通り、ポルシェ社とフォルクスワーゲン社の提携がきっかけとなって生まれたモデルである。

1970年から生産された914/1.7は、フォルクスワーゲンの既存のパーツを流用することによりコストダウンを図り、ユーザーの間口を広げた、入門者モデル的性格の強いモデルである。特に高価なポルシェ911に手が出なかった若者への訴求力は強く、ポルシェという文化を植えつけるには持ってこいであった。

当時のフォルクスワーゲンはビートルとそのコンポーネントを利用した派生車種の製造・販売を中心にしており、頭打ちになったビートルの業績に頭を抱えていたところに舞い込んだプロジェクトだった。フォルクスワーゲンにとっては、ポルシェというブランドによる販売力と、なによりスペシャリティクーペでありながら、実態としてビートルと構造的な差異(外観を除く)をほとんど見せないVW・カルマンギアの後継としての役割を十二分に果たしてくれる存在に捉えられたため、ポルシェに対して協力の受け入れを打診した。

ボディの生産はポルシェが、エンジン供給をフォルクスワーゲンが主に担当した。914は既存のパーツをできるだけ流用することを留意したモデルではあったが、そのレイアウトにかける意気込みはポルシェがポルシェたらしめる由縁で、走行性能に関する部分に関して、出来合いの惣菜をそのまま皿に盛るような真似は極力避けられていた。

エンジンはフォルクスワーゲン製フラット41.7リッターで、1679ccの排気量を持ち、ボッシュ製Dジェトロニック燃料噴射を備えるVWタイプ4、411E用の空冷水平対向4気筒OHVユニットは、大きく手を加えられることなく積まれており、最高出力は80KP/4900r.p.m、最大トルク13.5/kg-m/2700r.p.mを発揮、これにポルシェ製の5段M/Tが組み合わせられている。 サスペンションはフロントが911と同様のマクファーソンストラット+トーションバー、リアがセミトレーリングアーム+コイルスプリングで、ブレーキはフロント、リアともディスクブレーキを装備、4.5J×15インチのホイールに155SR15サイズのラジアルタイヤを履いていた。

914の1.7Lエンジンはそれほどパワフルではなかったが、900kgという比較的軽いボディーであったため、最高速度は175km/h、0-100km/h加速は13.0秒となっている。

EXCAR > Car > ポルシェ > 914 > 1.7

EXCAR > Car > ポルシェ > 914 > 1.7

EXCAR - ポルシェ・914​/1.7 [ポルシェ/914/1.7]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.