EXCAR

ポルシェ・935 [ポルシェ/935] - EXCAR

EXCAR > Car > ポルシェ > 935

ポルシェ・935 [ポルシェ/935]


印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ポルシェ・935(Porsche 935/保时捷・935), 935.jpg

ポルシェ・935(Porsche 935/保时捷・935)は、国際自動車連盟のグループ4の規定に準じて製作されたポルシェ・934と同様、グループ5(シルエットフォーミュラ)規定に合わせポルシェが製作したレーシングカーである。デビューは1976年。

1984年までにル・マン24時間レース、デイトナ24時間レース、セブリング12時間レース、シルバーストーン6時間レースを含む150以上のレースで勝利を収めた。また1977年と1979年の3年間ドイツのDRMで不敗であり、IMSA GTXのクラス優勝、ニュルブルクリンク1000kmでの勝利も獲得している。 また1976年から1979年までFIAワールドチャンピオンシップの優勝をポルシェにもたらした。

ポルシェ・935はFIA世界選手権大会、IMSAGT選手権、およびドイツレーシングカー選手権(DRM)を含む様々な選手権に出走したが、どのレースでも935に対抗可能な車は存在しないほど強力な車であった。カスタマーモデルとして非常に有用であったため、どのレースでも最低5台の935が出場している状況だった。

巨大なターボチャージャーはインジェクションシステムを用いてアフターファイアと通常900馬力の巨大なパワーを吐き出したため、レースでは観客は喜んだが、代わりにドライバーに過度の負担を強いるようになってしまった。

ボディーはシルエット規格として知られるグループ5のレギュレーションの許容範囲内でボディ形状の変更、ウィングの巨大化、ワイドトレッド化、水冷化等のマイナーチェンジが繰り返された。 まず最初に「クジラ」と呼ばれるリアフェンダーを取り付け、次にリアフェンダーの拡張が行われた。 当初ポルシェの計画ではポルシェ930からの流用でホイールアーチを広げた短距離競走バージョンと空力重視の高速バージョンの2種の935を走らせる予定であったが、しかし空気抵抗を減らしダウンフォースを稼ぐためすぐにフラットノーズに変更され、ヘッドライトはフロントスポイラー内に移された。軽量化のため防錆処理、防音処理はされておらず、ドア等アウターパネルのかなりのパーツがプラスチック化されている。

エンジンはポルシェ・934と同じくカレラ3.0RSRに搭載されていた排気量2,993cc6気筒水平対向エンジン911/75をベースにしている。ターボ係数(×1.4)を掛けて4Lになるようボアを3mm細くすることで排気量を2,857ccに縮小、これにターボチャージャーで1.5bar過給し、560馬力を発揮する。重量は970kg。ブースト圧はドライバー席から変更可能。934でシングルだった点火装置はデュアル化されている。

サスペンションはトーションバーを廃しチタン製可変レートコイルスプリングとなった。リアのアンチロールバーはドライバー席から変更可能で、燃料残量やタイヤ摩耗による姿勢変化に対応できるようになっている。ホイールはフロント16in径、リア19in径のBBS製マグネシウムホイールを装備。

ファクトリーでは絶えず935の発展改良が続けられた。1977年、シングルターボから各バンクそれぞれにKKK(Kuhnle Kopp und Kausch )のターボが取り付けられ、630馬力を発揮する930/78エンジンになり、ボディにも変更が行われた。

ドイツレース選手権(DRM)の2.0Lのクラスに出場するためにエンジンを1,425cc・370馬力に縮小したポルシェ935”ベイビー”が追加されている。この車はこのクラスでもポルシェがBMWやフォードに対して優位にあることを示すために開発され、それは2回目のホッケンハイム・リンクに出場、優勝することで示された。この優勝車は現在は引退してポルシェミュージアムに展示されている。

1978年さらに別のバージョン935/78が開発された。これは空気抵抗低減のため、ロングノーズ化・後部の最適化がなされ、その形状から「モビー・ディック」と呼ばれた。 エンジンは3.2Lに拡大、水冷式の4バルブのシリンダヘッドに交換され、出力は950馬力(700kW)まで増加した。 この車はル・マン24時間レースで360km/h以上で走りストレートでは最も速い車でグループ6のポルシェ・936を簡単に追い抜くほどで、フロントとリアのダウンフォースの調整によりポルシェ・917に匹敵する390km/h(240mph)での走行も可能であった。

ポルシェがこれらのエボリューションモデルを販売するのを躊躇したため、クレマーレーシングのように自身でエボリューションモデルを開発したチームもあった。 「935 "K3"」(クレマー・タイプ3の略;成功したK2の改良型)はクラウス・ルドウィグのドライビングで大雨の1979年のル・マン24時間レースで全てのプロトタイプカーに打ち勝ち優勝した。2位はロルフ・シュトメレンのドライビングしたファクトリースペックの車両だった。

Porsche 935
ポルシェ・935(Porsche 935/保时捷・935), 935_01.jpgポルシェ・935(Porsche 935/保时捷・935), 935_02.jpgポルシェ・935(Porsche 935/保时捷・935), 935_03.jpg
ポルシェ・935(Porsche 935/保时捷・935), 935_04.jpgポルシェ・935(Porsche 935/保时捷・935), 935_05.jpgポルシェ・935 Street-version(Porsche 935 Street-version/保时捷・935 Street-version), 935_06.jpg
EXCAR > Car > ポルシェ > 935

EXCAR > Car > ポルシェ > 935

EXCAR - ポルシェ・935 [ポルシェ/935]

サイト内検索
Links
Online
7 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.