EXCAR

マセラティ・ギブリ [マセラティ/ギブリ] - EXCAR

EXCAR > Car > マセラティ > ギブリ

マセラティ・ギブリ [マセラティ/ギブリ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
マセラティ・ギブリ(Maserati Ghibli/玛莎拉蒂・Ghibli), Ghibli.jpg

マセラティ・ギブリ(Maserati Ghibli/玛莎拉蒂・Ghibli)は、スーパーカーブーム初期頃の1966年に発表、デザインはカロッツェリア・ギア時代のジョルジェット・ジウジアーロによる。鋼管フレームにスチールボディを被せたスタイリングは、当時の高級スポーツカーに共通して見られる地を這うような背の低いプロポーション、ロングノーズ、ショートデッキ、ハッチバックスタイル(リアハッチはリアガラス下のパネルが開くのみ)をとり、マセラティとしては初のリトラクタブルヘッドライトを採用する。

当時のライバル車、フェラーリ・デイトナ、ランボルギーニ・ミウラと比して直線的、平面的に見えるが、エッジと曲面を非常に上手く使い分けられ、全体的には流麗なシルエットを描く品のある仕上がりとなっている。デザインのバランスの巧さはジュジャーロデザインの特徴で、この車には当時の氏のウェッジシェイプ志向が良く現れているジュジャーロの代表作でもある。

車内はレザーをふんだんに使用し、この種の車としては比較的居住性に配慮された2人乗りの2シーター。トランスミッションは5速MT、オプションで3速ATが選べた。330HPを生む4.7L V型8気筒エンジンを前方に積むFRレイアウトで、0-60 mph加速(60mph = 96.6km/h)は6.8秒、最高速度は265km/hを誇る。当時は世界最速、人気ともにフェラーリ・デイトナ、ランボルギーニ・ミウラP400と争ったマセラティのヒット作であり、現在でも当時のスーパーカーブームを代表する1台として、ボディデザイン、性能共に一時代を築いたカリスマとして、スーパーカー、旧車ファンの間で一定の人気を保っている。

1969年にオープンモデルのギブリ・スパイダーを発表、1970年には排気量を4.9Lに拡大、最高出力335HP/5500rpm、最大トルク49.0kgm/4000rpmにパワーアップされたギブリSS、ギブリ・スパイダーSSを発表。1973年に生産中止され、翌年に発表されるカムシン(ベルトーネデザイン)に後継を譲る。 総生産台数1274台。

EXCAR > Car > マセラティ > ギブリ

EXCAR > Car > マセラティ > ギブリ

EXCAR - マセラティ・ギブリ [マセラティ/ギブリ]

サイト内検索
Links
Online
4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.