EXCAR

マセラティ・グラントゥーリズモ [マセラティ/グラントゥーリズモ] - EXCAR

EXCAR > Car > マセラティ > グラントゥーリズモ

マセラティ・グラントゥーリズモ [マセラティ/グラントゥーリズモ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
マセラティ・グラントゥーリズモ(Maserati GranTurismo/玛莎拉蒂・Gran Turismo), Gran_Turismo.jpg

マセラティ・グラントゥーリズモ(Maserati Gran Turismo/玛莎拉蒂・GranTurismo編集)は、当時同社の最量販車種であった5代目クアトロポルテをベースに開発が進められた。 4シーターを持つクーペであり、同社の“クーペ”の実質的な後継にあたる。 まず2007年3月のジュネーヴ・モーターショーにて、基本グレードである“グラントゥーリズモ”が発表され、以降順次ラインナップが拡大された。 2009年9月には、オープンモデルとして、同車の屋根をソフトトップに変えた“マセラティ・グランカブリオ”が発表された。

スタイル anchor.png

デザインはピニンファリーナの手による。 基本コンポーネンツはクアトロポルテをベースとしているが、外観デザインは、2005年のジュネーヴ・モーターショーにて発表された同社のコンセプトカー“バードケージ 75th”をモチーフにしている。 フロントからキャビンまでの距離が長くとられ、古典的でありながらもスポーティーなプロポーションを持つ。また、ホイールベースに関しては当然“クアトロポルテ”からは短縮されてはいるものの、先代の“クーペ”からはおよそ300mmも延長され、大人4人が快適に過ごせる空間は十分確保されており、車体の名前の通り、グランドツアラーとしての要素を満たしている。

一方で、その名前から連想されるよりも実際の運動性能は高く、各批評媒体でも“スポーティーカー”ではなく、“スポーツカー”として評価されている。 前後重量配分はほぼ前後等配分とされ、スポーツカーとして理想的な値を有している。

Page Top

メカニズム(エンジン・ミッション) anchor.png

エンジン、及びミッションは、それぞれ2種類づつ用意され、その組み合わせはグレードによって異なる。

エンジンは両方ともV型8気筒DOHCで、排気量4.2L(4,244cc、405ps/7,100rpm、47.0kgm/4,750rpm)と、排気量4.7L(4,744cc、440ps/7000rpm、50.0kgm/4750rpm)の2本立てである。尚ヘッドカバーの色が、4.2Lは青、4.7Lは赤に塗り分けられ差別化が図られている。

ミッションは、通常の6速ATモデルと、“MCシフト”と名付けられた6速セミATの2本立である。 尚ATモデルとセミATモデルとでは、そのミッションの搭載位置が異なり、ATモデルではエンジン直後に搭載され、それにより車重の前後重量配分は前49:後51とされ、セミATモデルではリヤアクスル直前に搭載され(=いわゆるトランスアクスル方式)、それにより前後重量配分は前47:後53とされている。 この搭載位置の違いは駆動輪の接地性に影響があり、それぞれのグレードのキャラクター付=差別化に活用されている。(AT、セミATによるミッションの搭載位置の違いは、丁度マイナーチェンジ前の同社5代目“クアトロポルテ”で行われた手法と同様である。)

EXCAR > Car > マセラティ > グラントゥーリズモ

EXCAR > Car > マセラティ > グラントゥーリズモ

EXCAR - マセラティ・グラントゥーリズモ [マセラティ/グラントゥーリズモ]

サイト内検索
Links
Online
7 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.