EXCAR

マセラティ・3500 スパイダー ヴィニャーレ [マセラティ/3500 スパイダー ヴィニャーレ] - EXCAR

EXCAR > Car > マセラティ > 3500 スパイダー ヴィニャーレ

マセラティ・3500 スパイダー ヴィニャーレ [マセラティ/3500 スパイダー ヴィニャーレ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
マセラティ・3500 スパイダー ヴィニャーレ(Maserati 3500 Spyder Vignale/玛莎拉蒂・3500 Spyder Vignale), 3500GT_Spider.jpg

マセラティ・3500 スパイダー ヴィニャーレ(Maserati 3500 Spyder Vignale/玛莎拉蒂・3500 Spyder Vignale)は、3500GTのロードスターモデル。3500GTの成功はすぐにオープントップモデルの需要を呼んだ。

1957年以前、ピエトロ・フルーアは開発段階の3500GT(Tipo101)のシャシーにスパイダープロトタイプをデザイン、作成する。1958年、カロッツェリア・ツーリングが2つのオープントッププロトタイプを制作。1959年、ジョバンニ・ミケロッティのデザイン、カロッツェリア・ヴィニャーレが制作したスパイダーモデルにマセラティが目を付け、それが採用された。

ミケロッティの描いたヘッドライトからテールランプまで緩やかに漂う曲線は、3500GTのデザインをより優雅に引き立たせ、極めて美しい物となっている。

3500GTと共に機構面でのアップグレードを受け、1960年、スパイダー・ヴィニャーレの本格生産が始まる。ホイールベースがクーペモデルより10cm短狭められ2500mmとなり、小さな後席はより小さくなった。初期モデルからフロントにディスクブレーキが標準採用され、リアはドラムブレーキ、トランスミッションは4MTだった。クーペモデルの3500GTと違いボディにアルミが多用されている。それ故に『超軽量ボディ』という言葉が使われた。スパイダー・ヴィニャーレのボディやドアは強度を得るためスチール製だが、ボンネットやトランクリッドにはアルミが用いられ、重量増しを押さえている。

1961年、クーペモデルの3500GTIと共に5MT化、キャブをインジェクションに変更し、最大出力を235bhpまで上げている。

1964年、3500GTと共に生産終了。総生産台数242台。

EXCAR > Car > マセラティ > 3500 スパイダー ヴィニャーレ

EXCAR > Car > マセラティ > 3500 スパイダー ヴィニャーレ

EXCAR - マセラティ・3500 スパイダー ヴィニャーレ [マセラティ/3500 スパイダー ヴィニャーレ]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.