EXCAR

マセラティ・MC12 [マセラティ/MC12] - EXCAR

EXCAR > Car > マセラティ > MC12

マセラティ・MC12 [マセラティ/MC12]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
マセラティ・MC12(Maserati MC12/玛莎拉蒂・MC12), MC12.jpg

マセラティ・MC12(Maserati MC12/玛莎拉蒂・MC12)は、2004年(マセラティ創立90周年に当たる)のジュネーブショーで発表された。当初レースカーの名前は「MCC(Maserati Corse Competizione)」で、のちに「MC12」と改められた。

マセラティはエンツォ・フェラーリをベースとしたマシンをFIA GT選手権に導入する予定だったが、諸事情でキャンセルし、代わりにエンツォのコンポーネンツを流用したレースカーを開発することにした。

シャーシはカーボンモノコックを基本とし、ノーメックスハニカム構造を採用している。また、安全のためにロールゲージを備えている。サスペンションはダブルウィッシュボーン式を採用し、フロントのみ車高などをボタンで調整できる。ブレーキはブレンボ製でドリルドディスクに前6キャリパー/後4ピストンを装備。また、ボタンにより「スポーツ(通常モード)」と「レース(TCSをオフにした状態)」の2つのモードを選択できる。

ボディはフランク・ステファンソンの設計によるもので、全長5143mm、全幅2096mm、全高1205mmとエンツォよりボディサイズが拡大されている。ボディはカーボン製で、着脱可能なルーフを備えている。ウイングは固定式で、角度の調節は不可。重量配分は前41%:後59%となる。ボディカラーは「Bianco Fuji」と呼ばれる、マセラティブルーとホワイトのツートンカラーのみしか存在しない。このボディカラーのネーミングは、日本の富士山に由来している。

エンジンは、エンツォ用のエンジンをベースとした6.0LV12DOHCエンジンを搭載。最高出力は632ps/7500rpm、トルクは66.5kgm/5500rpmを発生し、0-100km/h加速3.8秒、0-400m11.3秒、最高時速330km/hという高いポテンシャルを発揮する。ミッションは「カンビオコルサ」と呼ばれる6速セミATで、ギアチェンジの時間はわずか150ミリ秒だという。ハンドル横のパドルシフトでギアチェンジを行う。

ホモロゲーションモデルなのにもかかわらずインテリアは豪華で、マセラティブルーに染められたレザー、アルミ・カーボン素材で構成され、シートはスパルコ製のセミバケットシートを採用。センターコンソールには、マセラティではお馴染みの楕円形アナログ時計とイグニッションボタンに加えプレートがついており、車名・シャーシナンバー・オーナー名がローマ字で刻印されている。なお、エアコンは装備されているが、カーステレオはない。

MC12は1台約1億円といわれ、2004年に30台(うち5台は販売用ではない)、2005年に25台が生産された。なお、日本においては保安基準に適合しない(ルームミラーが無いなど)ため、公道は走行できない。

EXCAR > Car > マセラティ > MC12

EXCAR > Car > マセラティ > MC12

EXCAR - マセラティ・MC12 [マセラティ/MC12]

サイト内検索
Links
Online
5 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.