EXCAR

マツダ・オートザム・AZ-1 [マツダ/オートザム・AZ-1] - EXCAR

EXCAR > Car > マツダ > オートザム・AZ-1

マツダ・オートザム・AZ-1 [マツダ/オートザム・AZ-1]

Carマツダ

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
マツダ・オートザム・AZ-1(MAZDA Autozam AZ-1/马自达・Autozam AZ-1), AZ-1.jpg

マツダ・オートザム・AZ-1(MAZDA Autozam AZ-1/马自达・Autozam AZ-1)は、マツダ5チャンネル化によって誕生したオートザムが発売した2座席の軽スポーツクーペ。同時期に発売されたホンダ・ビート (BEAT) 、スズキ・カプチーノ (Cappuccino) 、とは二人乗り軽自動車であることが共通項とされ、頭文字から平成ABCトリオとも呼ばれた。

AZ-1は1992年9月24日に発表され、同年10月5日に発売。スズキ製3気筒DOHCのF6Aターボエンジンをシート後部に(ミッドシップ)搭載し、「究極のハンドリングマシーン」と銘打たれた車である。パワートレインはアルト・ワークスと一部共通化している。外板に特殊プラスチックを使用し、ガルウイングドアを採用して、超小型のスーパーカーを演出していた。ボディは外装を簡単に取り外せるスケルトンモノコックという特殊なフレームを採用して剛性を高め、外装が無い状態でも走行可能。車重は720kg。軽自動車唯一のガルウイングドアを装備し、外装にFRPを多用した軽量ボディやステアリングのロックトゥロックが2.2回転という機敏な操作性を持つ。足回りがアルトベースの物を使用していた為、ノーマル状態では重心の高さや軽自動車ゆえのトレッドの狭さから横転事故も発生し、極度のリア荷重なためフロントタイヤの接地圧が足りず、直進安定性の不備を指摘する評価もあった。「窓が殆ど開かない」「社外品カーコンポが殆ど搭載できない」、「体格的に乗り手を選ぶ」といった作りと、発売された時期がバブル崩壊の最中といった事もあり販売台数は低迷、1995年に生産を打ち切った。総生産台数は4,392台。中古車市場では程度の良い車体にプレミア価格が付く事もある。 開発当初、スペアタイヤはフロントに収納する予定だったが、衝突安全テストを行った際にスペアタイヤがステアリングシャフトを押し、ステアリングがドライバーに向かって突き出る事が分かり、急遽運転席後ろの荷物置きスペースへ変更された。ガルウイングドアの構造上、横転した場合は開かなくなるため、窓ガラスを粉砕するハンマーを備えたユーザーもいる。

EXCAR > Car > マツダ > オートザム・AZ-1

EXCAR > Car > マツダ > オートザム・AZ-1

EXCAR - マツダ・オートザム・AZ-1 [マツダ/オートザム・AZ-1]

サイト内検索
Links
Online
8 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.