EXCAR

メルセデス・ベンツ・230SL (1963) [メルセデス・ベンツ/SLクラス/230SL (1963)] - EXCAR

EXCAR > Car > メルセデス・ベンツ > SLクラス > 230SL (1963)

メルセデス・ベンツ・230SL (1963) [メルセデス・ベンツ/SLクラス/230SL (1963)]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
メルセデス・ベンツ・230SL(1963)(Mercedes-Benz 230SL, 230_SL_1963.jpg

メルセデス・ベンツ・230SL(Mercedes-Benz 230SL)は、300SL、190SLに続く第2世代のSLとして1963年のジュネーヴ・モーターショーで機械式燃料噴射装置(ボッシュ製)付き2.3L 直6SOHCエンジンを積んだ230SLがデビューした。 車の性格としてはスポーツ性の高い300SLよりもツーリングカー的な要素の強い190SLに近いもので、自社製4速ATやパワーステアリングも用意されていた。 しかしながら、レーシングドライバー並みの腕前をもつ技術担当重役ルドルフ・ウーレンハウト(Rudolf Uhlenhaut )が運転する230SLは、レーサーのマイク・パークス(Mike Parkes)が運転する3Lエンジン搭載のフェラーリ250GTが47.3秒で周回したサーキットを47.5秒で走るという実力ももっていた。 スタイリングは当時のダイムラー・ベンツのデザイナーであったフランス人のポール・ブラック(Paul Bracq )によるもので、「パゴダ・ルーフ」と称される屋根の中央が左右より低い逆反り形状になっているのが特徴である。(この屋根の形状は次の3代目 R107にも引き継がれる)

車体形状は、

  • 車体に格納される幌が付いたロードスター
  • ロードスターに着脱可能なハードトップが付いたクーペ
  • ロードスターから幌とその収納部を取り去り、車室後部に簡易シートを備えた「カリフォルニア・ロードスター」(ハードトップ付もあり) の3種類があった。
EXCAR > Car > メルセデス・ベンツ > SLクラス > 230SL (1963)

EXCAR > Car > メルセデス・ベンツ > SLクラス > 230SL (1963)

EXCAR - メルセデス・ベンツ・230SL (1963) [メルセデス・ベンツ/SLクラス/230SL (1963)]

サイト内検索
Links
Online
3 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.