EXCAR

ランチア・ストラトス [ランチア/ストラトス] - EXCAR

EXCAR > Car > ランチア > ストラトス

ランチア・ストラトス [ランチア/ストラトス]


印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ランチア・ストラトス(Lancia Stratos/蓝旗亚・Stratos), Stratos.jpg

ランチア・ストラトス(Lancia Stratos/蓝旗亚・Stratos)とはランチアが作ったスポーツカー。世界ラリー選手権(WRC)で勝利することを目的に開発されたスーパーカーである。

車名のストラトスは、「成層圏」という意味の"stratosphere"(あるいはイタリア語のstratosfera)からの造語であるとされ、"STRATOS"と表記される場合が多いが実車のロゴをよく見ると"STRATO'S"となっている。これは他社が所有する商標権に配慮したためであるといわれている。

フェラーリ・ディノやフィアット・ディノに使われたものと基本的に同じ、フェラーリの2418ccのV6エンジンをリアミッドシップに横置きし、後輪を駆動する。ただ、ギア比が極端なクロスレシオに設定されているため最高速は200km/hに満たないとされる。

当時の常識では、ラリー競技はあくまで市販車両をレース用に改造して出場するものだった。グループ4も市販車両の競技用特別仕様を想定したものである。しかし、ランチアはグループ4のホモロゲーション取得のための生産義務台数が「連続24ヶ月間に500台」と少ないことを利用し、サーキットを走るような、リアミッドシップにエンジンを積んだレーシングカーをラリーに持ち込んだのである。

ただ、グループ4の承認は1974年10月におりたものの、審査の時点では規定台数(500台→400台に変わっていた)を製造するための部品がある、または発注済みである、というレベルでしかなく、実際に生産済みであった台数は規定台数には程遠いものであったうえに、プロトタイプや競技用車両すらその数に含まれており、実際に規定台数が製造できたのは80年代に入ってからだった、と噂される。このような生産台数に関する疑わしさは、グループB時代のラリー037やデルタS4においてもつきまとった。

ランチアはストラトスその他で1974、1975、1976年の世界ラリー選手権製造者部門のタイトルを獲得した。(1974年はフルビアやベータ・クーペでのポイントを含んだ結果) 世界ラリー選手権での初勝利は、グループ4ホモロゲーション取得直後の地元イベント、1974年サンレモ・ラリー。 最後の優勝はフランスのプライベートチーム、シャルドネによる、1981年ツール・ド・コルス。

ストラトスのリヤのトレッドはスカイラインGT-Rに近い数値なのに対してホイールベースは現在販売されている軽自動車のホイールベースよりも短い。これは「前後に短く左右に広い」ということであるが、つまるところストラトスは直進安定性が極端に悪いことを意味している。

しかし、ストラトスの主戦場であるラリーは、直線よりも幾多のコーナーを制することが肝心であり、逆にその不安定さはミッドシップ・エンジンレイアウトの重心バランスとあいまって、抜群の回頭性を生んだ。その回頭性によって得たコーナーリングスピードはライバルを圧倒し、ストラトスを優勝へと導き、伝説級の車へと押し上げたのである。そのため、「直線を捨て、コーナーに全てを捧げた車」としばしば形容される。 またその異色性ゆえ、その人気は現在でもストラトスを第一級のコレクターズアイテムとして存在させている。

EXCAR > Car > ランチア > ストラトス

EXCAR > Car > ランチア > ストラトス

EXCAR - ランチア・ストラトス [ランチア/ストラトス]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.