EXCAR

ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ [ランボルギーニ/アヴェンタドール/イオタ] - EXCAR


ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ [ランボルギーニ/アヴェンタドール/イオタ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J.jpg
Lamborghini Aventador J (2012)
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_01.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_02.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_03.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_04.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_05.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_06.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_07.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_08.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_09.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_10.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_11.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_12.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_13.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_14.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_15.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_16.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_17.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_18.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_19.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_20.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J), Aventador_J_21.jpg

ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ(Lamborghini Aventador J)は、2012年、ジュネーヴショーで発表された。オープントップのワンオフモデルである。J(イオタ)はたった1台のみ製作され、後に事故で喪失したランボルギーニ・イオタに由来する。

ベースとなっているモデルはアヴェンタドール LP700-4。排気量6,498ccから700psを発生する自然吸気V型12気筒エンジンに、ISR トランスミッションと呼ばれる7速シングル・クラッチ式セミATを組み合わせ、4輪を駆動するというパワートレインはそのままだが、カーボンファイバー製モノコック・シェルには大幅に手が入れられており、ルーフとフロント・ウインド・スクリーンを除去した上でシートの背後には2本のセイフティ・バーを設置。同じくカーボンファイバーで作られているボディ・パネルも前後バンパーなどが新たにデザインされている。

クーペ・モデルより僅かに幅が狭いフロント・ノーズには、凝った形状のウイングレット(小翼)がエア・インテーク周囲から左右に拡がり、バンパーから独立したセンター・ブレースと相まってF1マシンを思わせるようにデザインされている。車体後部で目に付くのはボディ後端からせり出したウイングと4本出しになったエキゾースト・テール・パイプ。クーペではナンバー・プレートが付くセンター部にも黒いメッシュが張られている。サイズは通常のアヴェンタドールに比べて120mm長く、26mm低い。前後バンパーとサイド・スカートがブラック・アウトされているため、ボディは数値以上に薄く見える。ダウンフォースも向上している。

センター・ロック式のアルミニウム・ホイールは、このモデルのために特別に製作されたもの。フロントが20インチ、リアが21インチで、ベースになったアヴェンタドール LP700-4よりも、1インチずつ大きい。5本スポークの間にカーボンファイバー製のフィンが見えるが、これはブレーキの冷却に効果を発揮するもの。 見事に露出したインテリアからは、エアコン、オーディオ、ナビゲーション・システムなど、このクルマの唯一の「レゾン・デートル(存在価値)」すなわち「究極のドライビング体験」を損なうものであるとして全て排除。コクピットはカーボンファイバーをハイテク繊維のように張り込むことが出来るという新開発の「カーボンスキン」と呼ばれる素材で覆われている。

快適装備のストリップ・タウンと重いフロント・ガラスの除去により、車両重量はクーペ版アヴェンタドールよりかなり軽量化されているはずだが、数値は未公表。最高速度は「300km/h以上」と発表されている。



EXCAR - ランボルギーニ・アヴェンタドール イオタ [ランボルギーニ/アヴェンタドール/イオタ]

サイト内検索
Links
Online
9 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.