EXCAR

ランボルギーニ・ウラッコ [ランボルギーニ/ウラッコ] - EXCAR

EXCAR > Car > ランボルギーニ > ウラッコ

ランボルギーニ・ウラッコ [ランボルギーニ/ウラッコ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ランボルギーニ・ウラッコ(Lamborghini Urraco/蓝宝坚尼・Urraco), Urraco.jpg

ランボルギーニ・ウラッコ(Lamborghini Urraco/蓝宝坚尼・Urraco)は、1970年に行われたトリノ・オートショー (Turin Auto Show) で発表され、1973年に発売された。1979年の製造中止までに791台が造られた。 21台はウラッコP111と名付けられ北米市場向けに売られた。ウラッコP111はアメリカの規制にあわせるために、大きなフロントバンパーをつけ馬力も落とされている。 他のバージョンはP200,P250,P300と名付けられ、それぞれV8エンジン排気量2リットル、2.5リットル、3リットルとなっている。

フェルッチオ・ランボルギーニは、ポルシェ・911の2+2スポーツカー市場への投入を狙って、ランボルギーニ社のエンジニア、パオロ・スタンツァーニに車体設計を命じ、V8ユニットを横置きミッドシップした2+2のランボルギーニ・ウラッコが誕生した。。 形式上は2+2の4シーターとはなっていたが、リアのフットスペースは皆無に近く、子供でも辛い。カーゴスペースと考えた方が良かったようだ。

ウラッコは価格的にも911に対抗できるようボディはモノコック構造を採用してコスト削減を図る。ボディデザインはミウラ同様ベルトーネ。チーフデザイナーはもちろん鬼才マルチェロ・ガンディーニが担当した。エンジンは軽量小型にまとめられた90度のV8で、デビュー当初は2.5リッターのSOHCだったが最終的には3リッターのDOHCとなる。サスペンションは当時のスポーツカーとしては珍しい4輪ストラットを採用していた。

ウラッコは1973年にようやく発売にこぎ着けるが、アメリカでの販売は思ったほど成功せず、オイルショックによる経営不振などもあり、1979年に製造中止。しかし、この車体と3.5リッターV8エンジンをベースに、後に2シーターオープンカー(タルガトップ)のランボルギーニ・シルエットを販売。ランボルギーニ・ジャルパに受け継がれ、ジャルパは1989年頃まで販売された。

EXCAR > Car > ランボルギーニ > ウラッコ

EXCAR > Car > ランボルギーニ > ウラッコ

EXCAR - ランボルギーニ・ウラッコ [ランボルギーニ/ウラッコ]

サイト内検索
Links
Online
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.